ケリング ファンデーション、第6回「ホワイトリボン・フォー・ウィメン」キャンペーンを展開

ケリング ファンデーション、第6回「ホワイトリボン・フォー・ウィメン」キャンペーンを展開

11月20日から25日にかけて実施されるケリング ファンデーションの第6回
「ホワイトリボン・フォー・ウィメン」キャンペーンでは、アレッサンドロ・ミケーレ、
ステラ・マッカートニー、クリストファー・ケイン、ジョセフ・アルチュザラ、
デニス・チャン、サルマ・ハエック=ピノーがリーダー役を務めます。

#ICouldHaveBeenでのデジタルムーブメントと新たなウェブサイト
ICouldHaveBeen.orgを中心に、暴力の被害者となった少女や女性の
3人のうちの1人である「彼女」の人生を想像してみるよう働きかけることで、
一般の人々、特にZ世代(1995年以降に生まれた世代)の中での女性に対する
暴力の問題への啓発を目的としています。 ICouldHaveBeen.orgを通して、
女性として生まれてこなかった人は、自分が女の子であったら両親がつけた
であろう名前、あるいは、姉妹、母親、女性の友だちの名前を画像ジェネレーターに
入力することで、自分がなっていたかもしれない「彼女」を想像することが可能と
なります。同様に、女性は、自らの名前で「彼女」の立場となってキャンペーンに
参加することで、被害者との連帯感、仲間意識を表明することができます。
キャンペーンに参加した方々には少女であったら経験したかもしれない暴力に
ついての知識を深め、その内容をInstagram、Facebook、Twitter、LinkedIn、
WeChatでシェアしていただきます。たとえ、自らが性差別による暴力の被害者でない限り
その経験を理解することができなくとも、ICouldHaveBeenは、女性として
生まれてきたことで、少女が直面する暴力へのリスクについての意識を高めることを
目指しています。

公式アンバサダーとして、アレッサンドロ・ミケーレ、クリストファー・ケイン、
ジョセフ・アルチュザラ、デニス・チャンが、彼らが女の子であったら両親がつけた
であろう名前を公開することによって、ケリング ファンデーションのこの呼びかけを
始動させます。また、ケリング ファンデーションの役員であるステラ・マッカートニーと
サルマ・ハエック=ピノーも「彼女」の立場に立つようあらゆる女性たちに
呼びかけることで、このキャンペーンのリーダー役を務めます。

ケリング ファンデーションはまた、世界中の若いキーオピニオンリーダーたちの
協力を仰ぎ、アンバサダーを務める各メゾンのデザイナーたちと共にキャンペーンに
登場してもらいます。こうした若い男性のオピニオンリーダーたちは、
ショートフィルムを通して、女の子として生まれたなら誰になっていたかも
しれないかを発見してもらい、彼らは、若い世代に#ICouldHaveBeenでの
ムーブメントに参加するよう呼びかけます。ジェンダー平等、性的関心の
境界が広がり(89%のZ世代が女性にも男性にも同じ権利があるべきだと回答 )、
女性の権利に進展が見られる(ジェンダー平等を掲げる国連の持続可能な開発目標5)
にもかかわらず、少女や女性に対する暴力はしつこい伝染病のように残った
ままです(15歳から19歳までの少女で過去12ヵ月の間に性交渉を強要された
女性は全世界で10人に1人 )。このため、今年のキャンペーンは、考え方、
行動、習慣において深く持続的な変化を引き起こすよう、より若い世代、
具体的にはZ世代とジェネレーションY(1980年第から1990年第に
生まれた世代)が対象となります。

ケリング会長兼CEO、ケリング ファンデーション会長のフランソワ=アンリ・ピノーは、
このキャンペーンをスタートさせるにあたり次のように述べています。
「女の子として生まれたことによって、暴力にさらされるリスクが高まることは、
あってはならないことです。しかし、残念ながら、今日の私たちの世界ではその
リスクが存在します。私たち誰もが女性として生まれてきた可能性があったことを
考えれば、私たちは皆、女性に対する暴力根絶のために立ち上がらなければ
なりません。その取り組みこそが、ケリング ファンデーションや、
ケリング傘下のメゾンとそこで働くデザイナーたちと共に毎年実施している
『ホワイトリボン・フォー・ウィメン』キャンペーンです」

Download the report (.pdf 915.12 KB)