サステナビリティ

 

 

私たちの戦略は、継続してサステナビリティに対する認識を深めるために、
事業の再設計を行い、ラグジュアリー業界の変換を実現させ、現在社会・環境が
直面している難問に 対処することに貢献するものです。

 

 

ケリング会長兼CEOであるフランソワ=アンリ・ピノーは、次のように述べています。
「ケリングは既に、グループのサステナブルに対するコミットメントを表明して以来、
あらゆる事業で意義ある改良を行い、ラグジュアリー部門では環境の負荷を
軽減することに成功しています。 ケリングが環境に与える影響は同規模の
売上高のグローバル企業と比較してもその45%以下となっています。
進歩的な2016年サステナビリティターゲット目標に続き、ケリングはこの
サステナビリティに対する意欲をさらに高め、これより2025年まで、10年に及ぶ
自社活動及びサプライチェーン全体に及ぶ360° アプローチを実施し、
環境インパクトの減少、グループ内外の社会福祉支援そして革新的かつ
今までの仕組みを変えるようなプラットフォーム作りに引き続き取り組みます。
このようにケリングは低炭素経済に向けた努力を支持し、
「プラネタリー・バウンダリー」内で活動を行うサステナブル・ラグジュアリーの未来を
形作る手助けをします。

より詳しく見る(英語)

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

ケリング ファンデーション: ケリング ファンデーションでは、女性に対する暴力撲滅のため活動を展開しています。
NGOや社会起業家をサポートするなど、女性に対する暴力の問題について
認知度を高めるよう活動し、ケリング社員も活動に参加しています。

より詳しく見る(英語)