ケリング・グループ

庭園

セーヴル通り40番の敷地の半分以上は庭園となっています。造園家のフィリップ・ラギャンは、フランスの歴史的建造物を手掛けるチーフ・アーキテクトによって改修された建物と当時の設計図から得たインスピレーションをもとに、敷地の庭園を復活させました。緑が溢れ、豊かな歴史が息づくランドマークとして、何世紀にもわたって培われた独特の雰囲気を醸し出しています。

jardins de Laennec au 40 rue de Sèvres

「調査の最初の段階で、手入れがなされていない間、何年も生き延びてきた植物が見つかりました。それはまるで、遺跡群のようでした。こうした小さな奇跡が歴史の断片を捉えるきっかけとなり、貴重な遺産を保護し、当時の庭園を再現することができました。」

フィリップ・ラギャン
造園家

 

 

かつて、この病院に入院していた不治の病を持つ患者たちが庭仕事をしていました。当時は、約14,000 ㎡の敷地に薬草や野菜園、果樹園、日陰になって小道などが広がっていました。フィリップ・ラガンは、ヨーロッパの17世紀~18世紀の庭園で栽培されていた植物に似た植物と種の特定に努めました。

ケリングは、シンプルさと落ち着いた雰囲気を重視しました。中心部のイチイの木と色彩豊かなあずまやの周りには、様々な植物が植えられています。多年生の草花で作られた縁取りが白とピンクのコントラストを織り成し、手入れをされていない草木が詩的な趣を添えています。季節が過ぎるにつれて、庭園は郷愁を感じさせる平穏で神秘的な雰囲気を醸し出します。

 

 

 

「この場所の独特の雰囲気もまた、インスピレーションをもたらしてくれます。まるでパリではないかのような特別な場所が、小さな宝石の如く現れたのです。パリはすぐそこで、私たちは別の場所にいるのです。そこにあるのは、平穏と静寂だけです。」

フィリップ・ラギャン
造園家

 

 

サステナビリティを企業文化の中核に据えるという理念に従い、ケリングは化学製品の使用を禁止し、自然との共生を図っています。庭園の景観は、風や鳥がもたらす自然の原理よって変化します。敷地内にある庭園の一つには5つの養蜂箱あり、ケリングの生物多様性へのコミットメントを思い出させてくれます。