ケリング・グループ

ビジネスモデルと戦略

ラグジュアリーの世界はかつてないほど急速に変化しています。新しい世代の消費者が出現し、彼らが求めるのは信頼性であり、すべてのチャネルにわたる透明性や絶え間ない対話です。その結果、ラグジュアリーブランドは、顧客とより密接にパーソナルに関わり、感情を刺激し、ブティックとオンラインの両方でかけがえのない体験を生み出せるよう努めることが求められています。このためには、流通チャネルを再考し、新たなカスタマー・リレーションズの形を作っていく必要があります。

Generic visual
3つの成長レバー

ケリングの2019年の業績は、長期的戦略およびその即応性に基づいたアプローチに加え、スピードやバランス、社会的責任を組み合わせたビジネスモデルによる結果であることを改めて示しました。

 

ケリングでは、シナジー効果の強化とオーガニック・グロースの優先という2つの指針に基づいて行動しています。グループの下、傘下のブランドは、市場機会を発見し、確実なパフォーマンスを生み出すのに理想的なポジションを得ています。ブランドを更にサポートし、活動の効率向上のため、ケリングは3つの主要な成長手段を特定しました。すなわち、情報システム、物流、そしてサプライチェーンです。

 

 

デジタル変革を加速させる

ケリングの新しいデジタル戦略は3つの柱に基づいています。
-特にソーシャルメディアを始めとするオンラインでの可視性
-オンラインセールスの強化
-人工知能とビッグデータの活用


デジタル戦略では、ケリング・グループのブランドは過去数年にわたり、オンラインメディアへの投資戦略を拡大してきました。2019年は、ソーシャルメディアのプラットフォームでの活動が増加し、デジタルはメディア支出全体の約55%を占めました。


2019年は、初めてオンラインのセールスがブランドの収益の5%以上を占めました。これは過去4年間で平均50%近い成長率に相当します。お客様に最高のeリテールエクスペリエンスを提供するため、グループのすべてのeコマース事業を完全に社内化することを決定しました。2019年秋にスタートしたテストおよび移行段階に続き、2020年に試験的な運用開始が予定されています。

最後に、私たちはAIソリューションやカスタマーリレーションシップマネジメント(CRM)などを通じて、カスタマー・リレーションズを強化するための新しい戦略を模索しています。このような背景のもと、グループはまた、専門家を招き知識を深め、更なる開発に取り組んでいます。
 

 

情報システムの再考

2つ目は、ケリングの情報システムの完全な見直しに焦点を当てています。プロセスは現在進行中で、課題としてソリューションの調和や、リアルタイムデータへのアクセス提供およびセキュリティの強化が挙げられます。2019年には、下記を含む多くのマイルストーンを達成しました。
-単一のデータソースへのリアルタイムアクセスを許可する統合型インフラストラクチャーのワールドワイドでの実装
-最先端の統合型ITソリューション一式の採用。これらは柔軟性があり、高い費用対効果が見込め、陳腐化のリスクを軽減
-社内の専門知識のスキルアップ
-サイバーセキュリティのシステムと手順の強化

 

 

物流とサプライチェーンの新たなデザイン

増え続ける数々の需要に対応し、物流プロセスを管理し、合理化するため、ケリング・グループは、ヨーロッパ、北米およびアジアの新しい施設への投資によって、インフラストラクチャーを開発しています。
2019年9月には、ケリングは北米の物流センターをニュージャージー州ウェインに移転しました。新しい倉庫はLEED認証のゴールド・レベルを取得しており、建物の環境性能が実証されています。
また2020年には、イタリア北部のトレカーテに最先端の物流拠点を開設します。ボリュームの増加に対応するため、この新たなプラットフォームはより大きな保管容量を備えています。今後2年内に、アジア・太平洋地域と中東に他のセンターを開設予定です。リエンジニアリングが完了すると、ケリングのロジスティクスのネットワークは、製品のアベイラビリティの向上と在庫率の最適化に加え、すべてのチャネルにおいてより迅速な流通を確実なものにします。同時に、これらの物流ハブは複数のチャネルにわたるサービスへのアクセスを容易にします。

 

 

ラグジュアリーの可能性を最大化する

統合型モデルの強みにより、ケリング・グループは各ブランドをサポートし、ブランドがクリエイティブなエネルギーを放ち、創造性や実行力、カスタマーリレーションやコミュニケーションといった必要不可欠な内容に集中できるようにしています。これらすべてのファクターが、ケリングのラグジュアリー・グループとしてのポテンシャルは最大限に高め、市場よりも速く成長する力を強化します。 

 

 

 

 

ケリングについてさらに知る

ケリングの歴史コミットメントサステナビリティへのアプローチをご覧ください。