ケリング・グループ

会長メッセージ

2019年度、ケリングは再び私たちのビジネス・モデルの妥当性を実証しました。グループの収益は合計159億ユーロで、2018年度と比較し13.3%増収しました。この成長はすべての事業セグメントによる成果によって成り立っています。経常利益は過去最高の48億ユーロに達し、19.6%増加しました。4年間で営業利益は3倍に増加し、ブランドの売り上げは2倍になりました。この素晴らしい業績は、イノベーションへの強い推進力に基づいて構築された企業文化の賜物です。とりわけ、3万8千人の社員の貢献と優れた才能によるものと考えます。皆様全員、一人ひとりに心より感謝申し上げます。こうした強みによって、ケリングは今後も長期にわたって高水準の成長を維持することが可能です。

Portrait de François-Henri Pinault
マルチ・ブランド・モデルによる競争力

この急成長は、私たちの統合型ビジネス・モデルとそれによる利点によって実現しました。グループ内での相乗効果を利用し、それぞれのブランドは創造性や革新、そして完璧な実行力によって、成長を遂げています。

 

2021年に100周年を迎えるグッチは、引き続きケリングのポートフォリオの基盤です。グッチは、比較ベースで13.3%の収益増加を生み出しました。2016年から2019年にかけて、売り上げを2倍以上に伸ばしたためマイルストーンがより明確になったのです。この驚異的な伸びは、ブランドの卓越したデジタル技術や、絶え間ないイノベーション、そして当然ながらその素晴らしいコレクションによるものです。

 

サンローランの売り上げは4年間で2倍になり、20億ユーロを突破しました。確立されたブランドのアイデンティティに加え、ブランドのヘリテージを妥協なく現代のデザインと組み合わせる力によって、サンローランはまだ大きな可能性を秘めています。

 

ボッテガ・ヴェネタは、2018年6月にダニエル・リーがクリエイティブ・ディレクターに就任して以来、完全に生まれ変わりました。彼の新しいクリエイティビティは、誰もが欲しいコレクションとして成功をおさめ、再び成長し続けています。今回の成功は、我々の努力や投資によって、ブランドを中期的に再び生き返らせることができることを示しています。

 

その他のブランドは23億ユーロの収益を記録し、比較ベースで17.8%の増加でした。中でも、特に二つのブランドが顕著です。2018年度の驚異的成長に続き、バレンシアガは成長を続けており、2019年度は大きなセールスの目標を達成しました。また、アレキサンダー・マックイーンは、年間を通じて成長軌道を辿っています。ジュエリーブランドも素晴らしい業績を上げ、グループの成長に貢献しました。またウォッチブランドも、ブランドのポジションや認知度を強化したと言えるでしょう。


私たちは今後特に、流通とコミュニケーションの加速に重点を置き、ブランド開発への投資を強化していきます。最後に、ケリング アイウェアですが、わずか4年前にフルローンチしたにもかかわらず、すでに主要プレイヤーとしてアイウェア業界でのポジションを固めています。

 

 

ケリングを最も影響力のあるラグジュアリー・グループに

今この業界で起こっている様々なトレンドに私たちは自信を持っています。さらには、財務結果がグループの掲げるサステナビリティ戦略と、環境や社会に影響を与えるあらゆる問題への揺るぎないコミットメントによって強化されており、ゆえに当社のコアビジネスに強い確信を持っています。


サステナビリティ戦略の新たな目標(21~23ページ参照)を発表してから3年、初めて進捗レポートを公開しました。2015年から2018年の間に、主要なブレークスルーとして、全体的な環境負荷をEP&Lの原単位で14%削減しました。また同じ期間に、世界の温室効果ガス排出量(ブティックおよびその他の場所において)もEP&Lの原単位で77%削減しました。こうした指標は、目標達成のために現在順調に進行していることの裏付けです。私たちの取り組みが認められ、2019年には、環境非営利団体CDPによる「気候変動Aリスト」企業に3年連続で選定されました。ケリングはまた、コーポレートナイツ社が発表する世界で最もサステナブルな100社「GLOBAL 100」にも選ばれ続けており、テキスタイル、アパレルおよびラグジュアリーのリーディングカンパニーであり続けています。


私たちのビジネスやマーケットは、税関規制の変化や通貨の変動、地政学的リスクなど、あらゆる不確実性を相手にしており、それを乗り越えなくてはなりません。新型コロナウイルス(COVID-19)の流行は、ラグジュアリー業界の構造そのものがもつ推進力には疑問を呈していないものの、不確実性の好例といえましょう。重大かつ一時的な危機が発生し、市場が複雑化する可能性が大いにあります。

 

柔軟性と注意深さを持ち合わせることが、これまで以上に、混乱を予測しそれがもたらす機会をつかむために最も重要と考えます。堅実な財務基盤に加え、確固たる企業文化、そして現代的で大胆にラグジュアリーに創造性をもたせるというビジョンを組み合わせることによって、自信と強い決意をもって未来に目を向けることができます。

  

 

 

 

ケリングについてさらに知る

ケリングの歴史コミットメントサステナビリティへのアプローチをご覧ください。