ケリング・グループ

Sapna Sood

独立取締役

略歴
 

国際経営開発研究所でMBA、オーストラリア経営大学院でチェンジ・マネジメントのグラヂュエート・サティフィケート、シドニー大学でケミカル・エンジニアリングの学士号を取得。

 

2018年、コンパス・グループのインターナショナル・クライアント&マーケット・デベロップント責任者に就任。同グループに入社する前は、ラファージュホルシムのフィリピン支社CEOを務めました。フィッシャー・ローズマウントでアプリケーション・エンジニアとしてキャリアをスタートしたサプナ・スードは、1997年、リンデ・グループ(旧BOCグループ)のグラヂュエート・デヴェロップメント・プログラムに参加した後、同グループのオーストラリア支社、米国支社、シンガポール支社、ドイツ支社、中国支社で上級管理職を歴任。

 

2016年4月29日より、ケリングの取締役を務めています。2019年12月31日に行われる財務諸表に対する承認を求める年次総会の終結をもって任期満了となります。