ケリング・グループ

Sophie L'Hélias

独立取締役

Portrait Sophie L'Hélias
略歴

 

パリとニューヨークで弁護士資格を有するソフィー・レリアスは、INSEADでMBA、米ペンシルベニア大学ロースクールで法学修士号(LLM)、パンテオン・ソルボンヌ大学で法学修士号、ドイツのヨーロピアン・ロー・インスティテュート ザールブリュッケン大学で学位を取得しています。

 

ニューヨーク、後にパリで、M&Aや証券取引法を専門とする弁護士として自身のキャリアをスタート。また、ニューヨークで裁定取引ファンドのマネージング・ディレクターを務め、コーポレート・ガバナンス・アドバイザリー・ファームを設立しました。

 

ガバナンス問題の専門家であり、コーポレート・ガバナンスの推進を目的とした機関投資家の国際的なネットワークである国際コーポレート・ガバナンス・ネットワーク (www.icgn.org)の共同設立者でもあります。近年では、米国でLeaderxxchange™を設立し、機関投資家やビジネスリーダーなどの市場参加者と協力して取締役会の多様性を推進しています。

 

『The Shareholder Comeback』の著者であり、ヨーロッパ、米国、カナダで多くの記事を寄稿しているほか、コーポレート・ガバナンスに関する国際的なビジネスおよびアカデミック・フォーラムで多くの講演を行っています。

 

また、カナダと米国を拠点とする複数の非営利団体および学術委員会に所属しています。ニューヨークのカンファレンス・ボード・ガバナンス・センターとカードーゾ・ロースクールのシニア・フェロー、カナダ のグローバル・アドバイザリー・ボードのメンバーとしても活躍しています。

 

2016年4月29日より、ケリングの取締役を務めています。2020年6月16日の合同年次総会で任期を更新し、2023年12月31日に行われる財務諸表に対する承認を求める年次総会の終結をもって任期満了となります。