ブランド

ジラール・ペルゴと創造性

créativité Girard-Perregaux

コンスタン・ジラールが開発したスリー ブリッジ トゥールビヨンから、アイコニックなコンスタント・エスケープメント L.M.に至るまで、ジラール・ペルゴは長きにわたって真の革新技術を追求してきました。コンスタント・エスケープメント L.M.の誕生により、5世紀以上にわたり時計業界を悩ませてきた大きな課題である「コンスタント・フォース(一定の力)」を解決することに成功しました。ジラール・ペルゴの熟練時計師たちはこの革新的な時計により、創造力に限界はないことを証明したのです。こうした弛まぬ技術革新こそが、今日まで続くブランドの壮大な物語を支える原動力となっています。

 

時計は外側と同じようにその内側も美しくあらねばなりません。現代においても1791年当時と同様に、機械式ムーブメント内部の機構に小さな欠陥があれば、ムーブメントの円滑な動作に決定的な支障をきたすからです。したがって、すべての部品(もっとも複雑な時計ではおよそ600個)は経験を積んだ面取り職人の手で加工されます。スティールやゴールドのケースの下に隠れることの多い部品であっても、完成までに何ヶ月も費やされます。