サステナビリティ
2020年6月5日

サステナブルで再生可能な綿花栽培の研究を中国で開始

ケリングは、ファッションやテキスタイル業界が、よりサステナブルな綿花の取り扱いへと移行するための手助けとなる研究結果を共有できることを光栄に思います。この研究は、国際的な環境保護団体RAREと、地球環境コンサルティングのSouth Poleとのパートナーシップにより実施されました。中国の綿花生産者と手を取り合い進められたこの研究では、再生可能な栽培方法の実施の可否や、有機栽培に向けた動きを拡大できるかどうかを評価し、またグローバルに展開するブランドが、サステナビリティと気候変動に対しての目標を達成できるようサポートします。特に私たちはパートナーと共に、生産者が土壌の状態を改善できるよう支援を行いました。更に最高水準のカーボンアカウンティング(炭素会計)を導入し、ブランドにおける二酸化炭素排出の削減に寄与したことを実証しました。

 

この研究により、具体的且つ確かな、双方に有益となる実例を提供することができます。プロジェクトを導入することで、科学的根拠に基づく目標を達成するための、将来性のある開発をサポートし、またポジティブで地に足のついた恩恵を、生産者やコミュニティ、そして環境へと生み出していくことができます。ケリングは関連業界に本プロジェクトを共有できることを嬉しく思い、また、結果をみることを心待ちにしています。