ケリング・グループ
2018年5月14日

ケリングとカンヌ国際映画祭主催の‘Women in Motion’アワードディナーにケイト・ブランシェット、カトリーヌ・ドヌーヴ、エイヴァ・デュヴァーネイ、アニエス・ヴァルダ、イザベル・ユペール、ダイアン・クルーガー、ゴルシフテ・ファラハニ、クリステン・スチュワートらが出席

‘Women in Motion’を通して、女性の映画界における貢献と業界内における活躍に光を当てることを目指すケリングはこの度、第4回目となる‘Women in Motion’アワードディナーを5月13日(日)、仏カンヌのPlace de la Castreにて開催しました。

‘Women in Motion’アワードは、優れた米国映画製作者のパティ・ジェンキンスに、ケリング会長兼CEOであるフランソワ=アンリ・ピノー、カンヌ国際映画祭ピエール・レスキュール会長、カンヌ国際映画祭総代表であるティエリー・フレモー氏によって授与されました。またヤング・タレント・アワードは、女優でありプロデューサーでもあるサルマ・ハエック=ピノーによって、カタロニア出身の映画監督であるカルラ・シモンに授与され、ケリングから同氏の今後のフィルムプロジェクトにおける資金援助が行われることになります。

 

総勢200名のゲストには、女優のイザベル・ユペール、ダイアン・クルーガー、レア・セドゥ、ゴルシフテ・ファラハニ、レティシア・カスタ、クラウディア・カルディナーレ、キアラ・マストロヤンニ、李宇春(クリス・リー)、アナイス・ドゥムースティエ、セシル・カッセル、クロエ・セヴィニー、ヴィルジニー・ルドワイヤン、クレマンス・ポエジー、そして俳優のヴァンサン・ペレーズ、ピエール・ドゥラドンシヤン、マット・ディロン、ファン・ズータオ、ローラン・ラフィットらが参列しました。

 

更に映画製作者であるアニエス・ヴァルダ、エイヴァ・デュヴァーネイ、リサ・アズエロス、レベッカ・ズロトヴスキ、ドゥニズ・ガムゼ・エルグヴァン、ヴァレリー・ドンゼッリ、ヴィヴィアン・チュイ、コスタ=ガヴラス、ロベール・ゲディギャン、アンドレイ・ズビャギンツェフ、クリストファー・ノーラン、ロナルド・シャマ、またサンローラン、クリエイティブ・ディレクターのアンソニー・ヴァカレロの他、サンローラン最高経営責任者フランチェスカ・ベレッティーニ、グッチ最高経営責任者マルコ・ビッザーリ、またモデルのエメリーヌ・ヴァラーデ、アンジャ・ルービック、シャルロット・カシラギなども本ディナーに出席しました。

 

ケリングについて

 

グローバル・ラグジュアリー・グループであるケリングは、ファッション、レザーグッズ、ジュエリー、ウォッチ製品を扱う、選び抜かれたラグジュアリーブランドを擁しています。グッチ、サンローラン、ボッテガ・ヴェネタ、バレンシアガ、アレキサンダー・マックイーン、ブリオーニ、クリストファー・ケイン、トーマス・マイヤー、ブシュロン、ポメラート、ドド、キーリン、ユリス・ナルダン、ジラール・ペルゴ、ケリングアイウェア。シグネチャーである、«empowering imaginationイマジネーションをその先へ»のとおり、ケリングは想像力を伸ばし、明日のラグジュアリーを創造することで、ブランドがその可能性を最もサステナブルな方法で実現するよう後押ししています。2017年には108.23億ユーロの収入を達成し、グループ社員の数は年度末時点で29,000人に上ります。

 

‘Women in Motion’について

 

Women in Motion’プログラムは、映画産業のスクリーン上、また制作者側における女性の地位をめぐる議論を活発化させ、その動きを反映するように促すことを目的としています。ケリングとカンヌ映画祭のパートナーシップの一環として2015年5月に発足した‘Women in Motion’は、現在カンヌ映画祭の公式プログラムに欠かせないものになっています。プログラムは大きくトークとアワードの二つの要素にて構成されます。トークは、一人または複数のゲストが参加して映画祭期間中に行う一連のオープン形式のインタビューで、映画産業における女性に関する諸問題について検討し、意見を交換するプラットフォームを提供します。‘Women in Motion’アワードは、カンヌ映画祭の「プレジデンシャル・ディナー」の席で、毎年、象徴的な活躍を見せた人物と、前途有望な才能をもつ人物に授与されます。後者には、映画プロジェクトのための制作資金も授与されます。

 

詳しくは

詳しくはhttps://press.womeninmotion.com/home-en/にて

HD画質のオフィシャルビデオ、公開映像および写真をご覧いただけます

 

オフシャルハッシュタグ#はこちら

#WomenInMotion #Cannes2018 #Kering #KeringxCannes

 

お問合せ先ケリングプレスチーム

 

Emilie Gargatte        +33 (0)1 45 64 61 20       emilie.gargatte@kering.com

Gauthier Bencheïkh       +33 (0)1 45 64 64 26       gauthier.bencheikh@kering.com

Zeina Toutounji        +33(0)6 22 30 12 96       zeina.toutounji@gmail.com

 

日本でのお問い合わせ先

株式会社ケリングジャパングループコミュニケーション部

産形利恵/ 鈴木里花子       03 3486 2157       rie.ubukata@kering.com