サステナビリティ

EP&L(環境損益計算)

ケリングは、グループの事業活動による環境負荷を測定および定量化する、革新的なツールを開発しました。EP&L(環境損益計算)はサステナブルなビジネスモデルの実現に役立つツールであり、ラグジュアリー業界にとどまらず、様々な業界に普及させたいと考えています。

tree
意思決定を支援するツール

 

EP&Lは、サプライチェーン全体にわたるCo2排出量、水使用量、大気汚染、水質汚染、土地利用、廃棄物量を測定し、ケリング・グループの事業活動による様々な環境負荷を可視化、定量化、比較検討できるようにします。こうした環境負荷は貨幣価値で計算され、天然資源の消費量を定量化します。ケリングはEP&Lを基にサステナビリティ戦略を進めることで、その過程や供給元を改善し、最適なテクノロジーを選択することができるのです。

 

 

透明性の確保、共有、継続的な改善

 

ケリングは、ラグジュアリー業界だけでなく他の業界にもEP&Lのメソドロジーを広めることで、サステナビリティ向上という目的に向けたビジネス全体の活動を推進しています。EP&Lは過去の経験や教訓に基づいて、さらなる進化を遂げています。その主要な機能の一つである「シナリオ」モデリング・ツールは、分析結果を可視化し、今後のプロジェクトがもたらす潜在的な意思決定やEP&Lフットプリントに関する影響をリアルタイムに把握できます。また、2018年に発表されたライフサイクル・インベントリとケリング・スタンダードの導入により、EP&Lの効率性がさらに向上しました。

magnifying lens

EP&Lとは

インフォグラフィックを用いてEP&Lによる変革を解説します

詳しく見る
laboratory glassware

EP&Lの意義

EP&Lを作成する5つの利点

詳しく見る
scissors and ribbon

メソドロジー

自社独自のEP&Lを作成するための7ステップ

詳しく見る
hands playing with threads

結果

インタラクティブな2018年度ケリングEP&Lレポートをご覧ください

詳しく見る
someone surfing on the mobile app My EP&L

My EP&L アプリ

My EP&L アプリを活用すれば、EP&Lがいつでも手軽に利用できます

詳しく見る