サステナビリティ

コラボレート(協業)

ケリングは、私たちのビジネスを支える社内外のあらゆるステークホルダーとの緊密な連携が、経済、環境、倫理、社会におけるパフォーマンスの向上につながるという信念のもと、グループの豊かな遺産を守り、平等と多様性を促進すると共に、模範的な企業としての地位を確立できるよう邁進します。「コラボレート(協業)」は、2025年に向けたサステナビリティ戦略の基盤となっています。

people working together

ケリングは、世界各地の従業員、サプライヤー、そして顧客のウェルビーイングを確保するために、サステナブルなラグジュアリーを促進するステークホルダー・エンゲージメントの強化に取り組んでいます。地球規模のファッション業界の取り組みに積極的に参加し、名門教育機関や大学とのパートナーシップを強化しています。

 
ケリングの豊かな遺産を守る

 

クラフツマンシップを守り、伝統的なノウハウを末永く受け継ぐことは、ケリングにとっての重要な目標の一つです。2017年にケリングは、リーダーシップ基準を堅持しながらもベストプラクティスを共有できるサプライヤー向けのトレーニング・プラットフォームを開設しました。


また、職人技や伝統を学ぶプログラムを遂行することで、地域社会の遺産保全にも尽力しています。その一例には、ブリオーニの「スクオーラ・ディ・アルタ・サルトリア」、ボッテガ・ヴェネタの「スクオーラ・ディ・マエストリ・ペレッテリア」、グッチの「アルタ・スクオーラ・ディ・ペレッテリア」があります。


ケリングは、ファッション業界の将来を担う若き才能をサポートしています。「ANDAMファッション・アワード」の公式パートナーを務め、また、ケリングとパーソンズ美術大学が米国で毎年開催する「Empowering Imagination」コンペに選ばれた同大学のBFAファッションデザインプログラムの学生を毎年採用しています。

 

 

平等と多様性を促進する

 

多様性、平等、女性の活躍支援を推進することが、ケリングにとっての最優先事項です。ケリングは、グループ全体のあらゆる階層と役職において、男女平等と賃金の格差解消を目指しています。「リーダーシップ・ジェンダー・ダイバーシティ」プログラムは、女性が重要な管理職に就く機会を促進し、平等を当たり前にすることを目的としています。現在ケリングでは、全従業員の60%、管理職の51%、エグゼクティブ・コミッティーの33%、取締役会の60%を女性が占めています。フランスのCAC40構成企業において、男女平等の実現を推進するうえでリーダー的存在であり、女性社員数が最も多い企業の一つであることを誇りに思っています。また、ラグジュアリー企業のうち、ブルームバーグ「男女平等指数(GEI)」に選定されているのもケリングだけです。

 

 

選ばれる企業を目指す

 

ケリングは、ラグジュアリー業界の模範的な企業になることを目指しています。社員一人ひとりにとって働きやすく、働きがいのある職場づくりに努めています。職場のウェルビーイングと福利厚生プログラム、および2017年に導入された3つの社内グローバル・プログラム(友人紹介制度、社内公募制度、子育て中の全従業員に平等な手当を提供するグローバル・レンタル・ポリシー)によって社員の満足度を強化すべく取り組んでいます。人材育成はケリングの基本理念、そして企業風土の指針であり、従業員がそれぞれの能力と創造性を最大限に発揮できるような環境づくりを目指しています。