サステナビリティ

クリエイト(創造)

ケリングのサステナビリティ戦略のテーマである「クリエイト(創造)」は、革新的な代替案を創出し、業界全体に変革をもたらす知見を一般的に公開し、共有することを意味します。

someone working on a creation

革新と知見の共有を通じて、サステナブルな慣行の主流化につながる画期的なソリューションとプロセスを提唱しています。ケリングは、結果を重視したアイデアや新しい人材に関して、自社の知見を公開、共有することで透明性を確保しています。

 
破壊的イノベーションを模索する

 

ケリングは、スタートアップ企業や学術機関と協力して、新たな原材料の調達方法や革新的な原材料の開発を進めています。破壊的なイノベーションの例としては、再生繊維を用いた衣類の制作など、バイオテクノロジーや循環経済の原理を利用することです。


2013年には、サステナブルな生地とテキスタイルの研究、提案を行うマテリアル・イノベーション・ラボ(MIL)を設立しました。同ラボは発展を続けており、グループの各ブランドは3,000以上の生地サンプルを利用できます。ウォッチ&ジュエリーについても、同様のプラットフォームを開設しました。

 

2017年には、スタートアップ企業のアクセラレーターである「ファッション・フォー・グッド- Plug and Play」とパートナーシップを締結しました。その目的は、先駆的なスタートアップ企業を発掘し、サステナビリティを推進するイノベーションを確保しながら、その発展を支援することです。

 

 

次世代の育成

 

ケリングは次世代のデザイナーの育成に力を入れており、世界中の大学と連携して、サステナビリティに関するカリキュラムを策定しています。例えば、中国の清華大学と米国のファッション工科大学でカンファレンスプログラムを設立しました。また、ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションとパートナーシップを提携し、ロンドンにて毎年「サステナブル・ファッション・アワード」を開催しています。

 

2018年、ケリングとロンドン・カレッジ・オブ・ファッションは、ファッションとサステナビリティを推進するためのオンラインコース「MOOC」を共同開設しました。高品質な製品を提供するために、サステナブルな慣行を推進したいと考えている業界関係者、学生、一般大衆向けに、動画、ポッドキャスト、演習、ディスカッションを取り入れたコースを一般公開し、提供しています。

 

さらに、ケリングは革新的かつ刺激的なアイデアの創出を促すために、若手リーダーによるアドバイザリー・グループを立ち上げました。