サステナビリティ
2021年4月23日

1.5度のコミットメントに沿ったケリングの科学的根拠に基づく新しい目標

SBTi(科学的根拠に基づく目標イニシアチブ)によって検証・承認 されたケリングは、気候変動への取り組みを強化するために、ファッションパクトの方針に基づいて2016年に設定した従来の科学的根拠に基づく目標を更新しました

ケリングは、新しい気候戦略の重要な要素として、科学的根拠に基づいた温室効果ガス(GHG)排出量の削減、そして地球温暖化を1.5℃未満にする目標を設定しています。  また、目標達成に向けた進捗状況を定期的に公開していきます。

 

ケリング は、SBTiの 基準に沿って、温室効果ガスプロトコルのスコープ1および2におけるGHG排出量の絶対値を、2015年を基準として2030年までに90%削減することを目標とします。この目標は、ケリングの事業活動(スコープ1および2)からのGHG排出量を対象としており、地球温暖化を1.5℃未満に抑えるために必要な削減量と一致しています。 さらにケリングは、スコープ3のGHG排出量を、2015年を基準として、2030年までに付加価値1単位あたり70%削減するという目標も掲げています。また、ケリングは再生可能な電力の年間調達量を、2015年の25%から2022年までに100%にすることに注力していきます。

 

SBTiは、最新の気候科学に基づいたGHG排出量削減目標を設定する企業を支援するために、CDP、国連グローバル・コンパクト、世界資源研究所、世界自然保護基金の間で設立されました。SBTiは、気候変動に関する政府間パネルの「1.5℃特別報告書」に対応して、企業から提出された目標を次の3つのシナリオと照らし合わせて評価します。2℃のアラインメント、2℃を大きく下回るアラインメント、そして1.5℃のアラインメント。ケリングは、SBTiプロセスにおいて積極的に取り組み、気候変動に関する目標を達成し、ファッション業界の脱CO2にこれからも貢献していきます。

ケリングは、新しい気候戦略の重要な要素として、科学的根拠に基づいた温室効果ガス(GHG)排出量の削減、そして地球温暖化を1.5℃未満にする目標を設定しています。  また、目標達成に向けた進捗状況を定期的に公開していきます。

 

ケリング は、SBTiの 基準に沿って、温室効果ガスプロトコルのスコープ1および2におけるGHG排出量の絶対値を、2015年を基準として2030年までに90%削減することを目標とします。この目標は、ケリングの事業活動(スコープ1および2)からのGHG排出量を対象としており、地球温暖化を1.5℃未満に抑えるために必要な削減量と一致しています。 さらにケリングは、スコープ3のGHG排出量を、2015年を基準として、2030年までに付加価値1単位あたり70%削減するという目標も掲げています。また、ケリングは再生可能な電力の年間調達量を、2015年の25%から2022年までに100%にすることに注力していきます。

 

SBTiは、最新の気候科学に基づいたGHG排出量削減目標を設定する企業を支援するために、CDP、国連グローバル・コンパクト、世界資源研究所、世界自然保護基金の間で設立されました。SBTiは、気候変動に関する政府間パネルの「1.5℃特別報告書」に対応して、企業から提出された目標を次の3つのシナリオと照らし合わせて評価します。2℃のアラインメント、2℃を大きく下回るアラインメント、そして1.5℃のアラインメント。ケリングは、SBTiプロセスにおいて積極的に取り組み、気候変動に関する目標を達成し、ファッション業界の脱CO2にこれからも貢献していきます。