サステナビリティ
2020年11月17日

2020年のダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)でケリングのサステナビリティ・パフォーマンスを評価

ケリングは、8年連続でサステナビリティ・パフォーマンスが評価され、2020年ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックス(DJSIワールド)と2020年ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ヨーロッパ・インデックス(DJSIヨーロッパ)の両方に選出されました。

ケリングは企業のサステナビリティを評価する指標となるDJSIより「テキスタイル・アパレル・ラグジュアリーグッズ」の分野において、経済的パフォーマンス、環境スチュワードシップ、社会的責任、コーポレートガバナンスなど、さまざまな持続可能性の基準での実績が評価され、上位にランクインしました。 とりわけ、プロダクト・スチュワードシップ、ブランドマネジメント、イノベーション・マネジメント、マテリアリティ、人材開発、環境を考慮した経営効率、気候戦略、環境・社会報告に関するカテゴリーにおいて最高のスコアを獲得し注目を浴びました。

 

DJSIとは、毎年の企業のサステナビリティをはかる上で最も重要な指標であり、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社の透明性の高い指標的手法と、SAM社による企業サステナビリティ評価(CSA)データを組み合わせたものです。毎年、SAM社は世界中で7,300社以上の企業を評価しており、2020年には、参加者から提出された公開・非公開データを評価する厳正なアンケートで構成されるCSAへの参加企業数が過去最高の19%増加しました。  例えば、DJSI ワールドは、グローバルな持続可能性に取り組むリーダー企業で構成されており、長期的な経済性とESG要因に基づいて、S&P グローバル・ブロード・マーケット・インデックスの上位2,500社のうち上位10%の企業を代表しています。 

また、ケリングは、コーポレート・ナイツの2019年「Global 100」(世界で最もサステナブルな100社)インデックスにおいて、アパレル・アクセサリー部門で最も持続可能な企業に選出されました。また、気候変動緩和に対する積極的な取り組みが評価され、2020年にCDPの最高評価である「Aリスト」企業に認定されました。ケリングは、次の主要なSRI指標にも選定されています。FTSE4GoodMSCIEuronext Vigeo Europe 120 およびEuronext Vigeo Eurozone 120