サステナビリティ
2019年10月21日

ケリングによる新たな調査:消費者の使用が環境に及ぼす影響とラグジュアリ製品の寿命

ケリングは、製品の使用と寿命に関するラグジュアリー消費者の行動を理解するために、初回の主要な国際調査を開始しました。製品の取扱い、寿命および使用後の使われ方が製品のライフサイクルの各段階で環境に影響を及ぼすことは、ファッションとラグジュアリーの持続可能性に関する、よくある複合的な課題のひとつです。ここでみられる相違は、個人の日常的な選択および製品の取り扱い方に直接つながっています。これには衣類を洗濯またはドライクリーニングする頻度など、消費者の習慣上の選択肢が含まれ、それにより製品のエネルギー消費、水の使用、化学物質および微小繊維の生活用水への放出が左右されます。別の重要な影響要因は、個人が商品を廃棄する方法です。衣類やアクセサリーが埋め立て地に廃棄される可能性がある一方で、リサイクルやアップサイクルされたり中古品市場で再販されることで製品の寿命は長くなります。ケリングは、その公開方針に基づき、調査結果を共有して、消費者の選択肢によって最終的にラグジュアリー部門のお客様が環境に及ぼすさまざまな影響をどのように軽減できるのかについてより深い洞察を提供します。