サステナビリティ
2021年10月6日

リシュモンを代表するカルティエとケリングは、 「ウォッチ&ジュエリー イニシアティブ 2030 (WATCH &JEWELLERY INITIATIVE 2030)」を設立 「責任ある宝飾品業のための協議会(RESPONSIBLE JEWELLERY COUNCIL)」の 協力のもとウォッチ&ジュエリーのグローバル企業に共通する持続可能な目標に対する取り組みを集結

世界の持続可能な開発目標(SDGs)と、持続可能な産業を実現するには共同のイニシアティブによってのみ達成されるという共通の信念に突き動かされ、このたび、リシュモンを代表するカルティエとケリングは、「責任ある宝飾品業のための協議会(RJC)」と協力し、その活動を広く強化するために、「ウォッチ&ジュエリー イニシアティブ 2030」を立ち上げました。

この提携は、「気候レジリエンスの構築」、「資源の保護」、「インクルージョンの促進」という3つの分野で、一連の意欲的かつ共通の目標に進んで尽力する、国内外で展開するウォッチ&ジュエリーに関わるあらゆるブランドを歓迎します。


• 業界初の試みとなる「ウォッチ&ジュエリー イニシアティブ 2030」は、低炭素化未来を目指して共に歩み始めること、さらには業界が地球や人々のためにポジティブな結果を確実に生み出すことを目的としています。


• 環境への配慮と、バリューチェーン全体で人々にポジティブな影響を高めるという抱負が交差する状況において、「ウォッチ&ジュエリー イニシアティブ 2030」が支援する取り組みは、国連の「持続可能な開発目標」のまさに中核をなすものであり、このイニシアティブそのものが、17番目の目標である「パートナーシップで目標を達成しよう」に貢献しています。


• このイニシアティブは、「責任ある宝飾品業のための協議会(RJC)」や「科学的根拠に基づく目標(Science Based Targets)」 など、業界に有力な既存のイニシアティブや組織を拠りどころとし、科学的根拠に基づく気候目標、生物多様性の保全、原料やビジネスモデルの革新など、中心となるさらに新しい分野を含め、業界の変革と革新を奨励し、それを可能にすることを目的としています。


• このイニシアティブは、国内外で展開するウォッチ&ジュエリーブランドすべてを対象とし、持続可能なビジネステーマの継続的な改善にブランドの資源とエネルギーを投入し、業界にとって卓越したビジョンを展開させることに尽力します。なお、ブランドの出発点や市場区分、バリューチェーンにおけるポジションは問いません。
「ウォッチ&ジュエリー業界は、そのバリューチェーン内で地球の貴重な資源や世界中の人々のノウハウに依存しているので、よりポジティブな影響を生み出すために、共に行動するという責務がこれまで以上に明らかになってきています。カルティエは、ケリングとともに、『責任ある宝飾品業のための協議会(RJC)』と協力し、より持続可能な業界を目指した取り組みに参加することに、そして同業他社の皆様にこのイニシアティブに加わっていた


だくことに期待しています。すべてのメゾンとサプライヤー、ビジネスパートナーのすべてが、地球とそこに暮らす人々にポジティブな影響をもたらすプロジェクトについて、協力して取り組むという未来への共通ビジョンを、カルティエとしてこれまで以上に共有していく所存です」と、カルティエ プレジデント&CEO シリル・ヴィニュロン氏は述べています。
「ケリングでは、ラグジュアリーは最高の環境および社会的基準と切り離せないものと考えています。私たちの地球を守るために必要な変化を起こすことが、ラグジュアリー業界におけるリーディング カンパニーとしての私たちの責任であると信じ、以前より協働こそが業界をよりよい方向へと転換させることができると確信していました。ファッションと同様に、ウォッチ&ジュエリーについても、いくつかのテーマに焦点を当て、定量化された環境目標という共通の核となるものに皆で尽力することが、真のインパクトを与えるために最も優れた方法であると私たちは考えています。

私たちが挑んでいる変化は、地球の未来のみならず、私たちの業界自体そのものの未来にとっても不可欠なものです」と、ケリング・グループ マネージングディレクター ジャン=フランソワ・パルー氏は話します。


「責任ある宝飾品業のための協議会(RJC)」のエグゼクティブ・ディレクター イリス・ファン・デル・ヴェーケン氏は、この共同イニシアティブに関する自身のビジョンを次のように話します。「『2030 アジェンダ』は、誰一人置き去りにしないことを目的にしています。ビジネスは、人々、地球、そして私たちを支える自然環境を守るグローバル経済を支援することによって、ポジティブな変化とインパクトのための力になることができます。既存のビジネスという選択肢はもはやありません。『責任ある宝飾品業のための協議会(RJC)
』 は、変革をもたらすパートナーシップを通して、ビジネスが変化の原動力になることを支援することを決定しました。私たちは、ともに取り組むことによって、『行動の10年(Decade of Action)』における『17の持続可能な開発目標(SDGs)』を達成するために、必要な緊急の変化に大いに貢献し、また2030年までにより良い公正な世界を創り出すことができます。即時および長期的なインパクトをもたらすようにデザインされた、『RJCロードマップ2030』戦略の一環として、『責任ある宝飾品業のための協議会』 は、世界のジュエリーとウォッチにおけるサプライチェーン全体にわたり、変化を加速させ、行動を可能にする革新的なパートナーシップを求め続けます」。
このイニシアティブは「気候変動レジリエンスの構築」、「資源の保護」、「インクルージョンの促進」という3つのテーマを優先事項として焦点を当てながら、定期的な進捗状況の報告を前提とした透明性を堅守します。また、消費者や市民社会、規制当局を含め、模範的な環境的、社会的、倫理的実践に対するステークホルダーの高まる期待に応えるためにメンバーたちの支援も行っていきます。


目標 1:気候変動レジリエンスの構築


イニシアティブの最初の目標は、1.5℃目標に合わせて炭素排出量を削減し、2030年までにネットゼロを達成するための優先行動に専念することです。イニシアティブに参加するブランドは、最低限のコミットメントとして、2022年までにSBTイニシアティブ(Science Based Targets Initiative)への参加申込書に署名し提出する必要があり、科学的根拠に基づいた排出削減目標を設定しなければなりません。


コミットメントには次の内容が含まれます:


- 2025年までに気候に関する「科学的根拠に基づく目標」に取り組み、以下を含む行動をとること。すなわち


o スコープ1、2、3全体を通した脱炭素化。


o 2025年までに事業全体を通して100%再生可能エネルギーを導入し、2030年までにサプライヤーや流通パートナーの関与を伴うことでバリューチェーン全体にこれを拡大すること。
o 事業やサービス全般にわたって、エネルギー効率化に関する最良実施例を導入すること。普及が拡大しているデジタル通信、商取引、イベントへの影響を考慮しながら、削減することに特に焦点を当てること。


- 残留排出量と質の高い温室効果ガス吸収量とのバランスをとること、また森林、沿岸、海洋の生態系の保護と復元に焦点を当てた、自然に基づくソリューションを含む高品質の気候変動プロジェクトに投資することで、温室効果ガス排出量ネットゼロ達成を目指して取り組むこと。
- ウォッチ&ジュエリー業界のバリューチェーンにおいて脆弱な組織を支援し、これらのコミュニティのための低炭素ソリューションに貢献すること。
目標 2:自然とコミュニティのための資源を保護する
イニシアティブの2つ目の目標は、この業界の調達が自然、生物学における種、コミュニティにポジティブな影響を与えることを保証することです。
イニシアティブに参加するブランドは、2022年までの最低限のコミットメントとして、科学的根拠に基づく信頼性の高い枠組みを使用して、重要な原材料の調達すべてにわたって、生物多様性と水への影響を評価し、優先順位を決める必要があります。


さらにコミットメントには、2025年までに、水と生物多様性への影響を削減するための行動計画を策定し、実施することが含まれています。
• 自然生態系と、地域の住民や先住民に提供するサービスの両者を保護する調達基準を実施します。これは、サプライチェーンが原生林や絶滅の危機に瀕している森林から調達された生産品を使用しないことを保証し、採掘やその他の採取活動が行われた場所の動植物の生息環境を復元することを約束するとともに、自然生態系のバランスを尊重した採掘や農業コミュニティに関する地域生活の発展に貢献することを意味します。
• 業界における材料、製品、実践における持続可能な革新と循環性に焦点を定めた、新しい業界のマインドセット(考え方、物の見方)を生み出します。
目標 3:バリューチェーン全体でインクルージョンを促進する


このイニシアティブに参加するブランドは、最低限のコミットメントとして、「責任ある宝飾品業のための協議会(RJC)」に参加し、以降2年でCOP(倫理規範)の認証を取得する必要があります。


コミットメントは以下の通りです。


- 2025年までにティア1(一次下請け)サプライヤーの100%、2030年までにティア2(二次下請け)サプライヤーの60%から80%の認証取得を支援すること。
- クローズドループプロセスの割合を増やし、業界で使用されている懸念化学物質の漏出を排除し、金属を使用しないなめし革法の普及を拡大することを目指す方に進むことによって、従業員と自然に対し化学物質にさらされるリスクを取り去ること。


- ポジティブな変化を促進するために、ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョンを受け入れるよう、業界全体で行動を起こすこと。
- クラフツマンシップと業界のノウハウを保存かつ継承することに貢献し、製造や仕事場がますますデジタル化されている状況にあって、労働力の社会的地位向上を支援すること。
詳細についてはこちらをご覧ください: www.wjinitiative2030.org
カルティエについて
世界有数のラグジュアリーメゾンとして、オープンなマインドと好奇心の代名詞とも言えるカルティエは、そのクリエイションにおいて際立ち、美が存在するあらゆるところにその美を明らかにします。ジュエリー、ファインジュエリー、ウォッチ、フレグランス、レザーグッズ、小物といったカルティエのクリエイションは、たぐい稀なクラフツマンシップと時代を超えたシグネチャーとの融合を象徴するものです。現在メゾンは世界中に約270のブティックを擁しています。
www.cartier.jp


ケリングについて


ケリングは、ファッション、レザーグッズ、ジュエリー、ウォッチ製品を扱うメゾン、およびケリングアイウエアを擁するグローバル・ラグジュアリー・グループです。傘下のブランドはグッチ、サンローラン、ボッテガ・ヴェネタ、バレンシアガ、アレキサンダー・マックイーン、ブリオーニ、ブシュロン、ポメラート、ドド、キーリン、ユリス・ナルダン、ジラール・ペルゴ。戦略の中心にクリエイティビティ(創造性)を掲げるケリングは、サステナブルで責任のある方法により未来のラグジュアリーを築きながら、各ブランドがそれぞれの創造性を自由に表現することを可能にしています。このような信念が「イマジネーションをその先へ」(“Empowering Imagination”)というケリングのシグネチャーに込められています。また、2020年には131億ユーロの売上高を達成し、グループ社員の数は38,000人超に上ります。www.kering.com
Responsible Jewellery Council (RJC:責任ある宝飾品業のための協議会)について
Responsible Jewellery Council (RJC:責任ある宝飾品業のための協議会)は、世界のジュエリー&ウォッチ業界を対象とした主要な非営利組織です。世界71ヶ国にメンバー企業1,500社を擁し、それは採掘から小売に至るジュエリーのサプライチェーンに及んでいます。RJCのメンバーは、ダイヤモンド、カラージェムストーン、シルバー、ゴールド、プラチナグループメタルを対象とした責任ある商慣行に関する国際基準としてRJC Code of Practices(COP:倫
理規範)を遵守し、独立した監査を受けています。RJC Code of Practices(COP:倫理規範)は、人権、労働者の権利、環境への影響、採掘慣行、製品情報開示といった、ジュエリーのサプライチェーンにおける多くのより重要なテーマに取り組んでいます。またRJCは、責任ある調達とサプライチェーンのデューデリジェンスに関するマルチステークホルダー・イニシアティブにも取り組んでいます。貴金属に関するRJCのCoC認証は、これらのイニシアテ


ィブをサポートし、メンバーやステークホルダーに、より広範な利益をもたらすツールとして利用することができます。COP(倫理規範)とCoCの実施を通して、メンバーは国連の2030 アジェンダにおける17の持続可能な開発目標(SDGs)を目指して貢献します。RJCのロードマップ2030は、メンバーがサプライチェーンを通して行うことができる最も影響力ある貢献に関する私たちの業界のための枠組みです。こうした影響力は、消費者の信頼を深め、さらに優先事項のSDGsにつながり、持続可能な開発の5つの柱である「人間」、「地球」、「繁栄」、「平和」、「パートナーシップ」に従って表現されています。2021年4月、RJCは、ジュエリー&ウォッチのサプライチェーンにおける持続可能性に関するアジェンダと進捗状況の評価を目的とした、業界全体の行動プラットフォーム「SDG Taskforce(タスクフォース)」を立ち上げました。
RJCは、持続可能性規準に関する世界的機関である国際社会環境認定表示連合(ISEAL Alliance)の正会員です。RJCは、持続可能性規準に関する透明性と説明責任による文書作成、採用、改訂のための一般的な要件を規定した国際社会環境認定表示連合(ISEAL Alliance)のStandard-Setting Code(標準設定規範)に準拠しています。
またRJCは、2009年以来、国連グローバル・コンパクト(UNGC)のメンバーでもあります。RJCとUNGCは、2020年に世界初となる戦略的パートナーシップを締結し、「SDG Innovation & Impact in the Jewellery Industry(ジュエリー業界におけるSDGイノベーション&インパクト)」プログラムを開始しました。2021年、RJCは、企業の中核事業に17の持続可能な開発目標(SDGs)統合させるために、UNGCのグローバル インパクト イニシアティブ「SDG Ambition」を支援することによってこのコミットメントを掘り下げています。「SDG Ambition」は、企業が漸進的な発展と、漸増する根本的な変化を超えて機能することを可能にし、ビジネス価値を解放し、ビジネスの回復力を構築し、長期的な発展を可能にします。
www.responsiblejewellery.com


メディア問い合わせ先


カルティエ - Florence Marin Granger – florence.marin-granger@cartier.com
ケリング - Emmanuelle Picard Deyme – emmanuelle.picard-deyme@kering.com
Responsible Jewellery Council – Olivia Saunders-Smith - olivia.saunders@responsiblejewellery.com


日本でのお問い合わせ先


リシュモンジャパン株式会社 カルティエ コミュニケーション部 PR
曽我部美乃 mino.sogabe@cartier.com
佐藤友紀 yuki3.sato@cartier.com
株式会社 ケリング ジャパン コミュニケーション&メディア
産形利恵 rie.ubukata@kering.com
田村絵李 eri.tamura@kering,com