サステナビリティ
2018年12月7日

ケリング、サステナブル・イノベーション・アワードをプラグ&プレイと共に創設

ケリングはグローバル・イノベーション・プラットフォームであるプラグ&プレイと共に2018年12月7日、北京にてケリング・サステナブル・イノベーション・アワードの創設を発表しました。本アワードは中国本土においてラグジュアリーおよびアパレルセクターにおけるサステナブルなイノベーションを志す人々にとって登竜門となるべく創設したもので、受賞者には包括的な指導とネットワークの運用、ファッションとイノベーションのリーダーと出会えるヨーロッパとアメリカへの旅、および10万ユーロの賞金が贈られます。

 

ケリングのモットー‟Crafting Tomorrow’s Luxury”をヒントに、本アワードは、中国の現在の繊維バリューチェーンにおいて有望な変化をもたらすポテンシャルを持ったスタートアップと技術を選定し、環境的にも社会的にも大きなインパクトを残します。特に、環境負荷の低減や環境保全を充足させるグリーンサプライチェーンや代替原材料、小売、循環経済といった課題に取り組む企業を求めています。

 

スタートアップ企業のスカウト、評価、受賞者選抜のプロセスはケリングのチーフ・サステイナビリティ・オフィサー兼国際機関渉外担当責任者であるマリー=クレール・ダブーをリーダーに2018年12月から2019年8月の期間で行う予定です。2019年9月に3人の受賞者を決定し、受賞者は2019年秋に行われるSustainable Innovation Conference&Prizeの授賞式で発表される予定です。

 

選定は、ファッション、ラグジュアリー、起業家精神、サステナビリティ、イノベーションの分野において幅広い知識を持った審査員により行われます。審査員には、ケリンググレーターチャイナ社長のジンキン・サイ、パーソンズデザイン学校長Burak Cakmak、作家でトップメディアインフルエンサーでもあるHung Huang、Institute of Public and Environmental Affairs創立者のMa Jun、ファッション・フォー・グッドマネージングディレクターのKatrinLey,アート・フィランソロピー・サステナビリティ界の著名人SusanRockerfeller、環境を保護する建築、森林保護、生物多様性、気候変動分野に特化した起業家Wang Shi、オルドスカシミヤグループ社長のJane Zhen Wang、Chenfengグループ会長のGuoxin Yinが参加しています。

 

3人の受賞者には、以下の賞が贈られます:

・業界トップリーダー、投資家の紹介と資金提供機会

・ケリンググループメンバーや業界エキスパートとのミーティングや研修

・パリのケリング本社、グループの会社、アムステルダムのファッションフォーグッドファッション、カリフォルニア州シリコンヴァレーのプラグ&プレイテックセンターへの訪問

・ケリングとプラグ&プレイのネットワークへのアクセス

・1位の企業に贈られる、プロジェクト開発の資金となる100,000ユーロ

 

マリー=クレール・ダブーは「当社とプラグ&プレイのコラボレーション事業の中国への拡大が実現した事を大変光栄に思います。起業家精神と革新的な精神を持つ中国のスタートアップ企業が、ファッション業界におけるサステナビリティの課題に多大な解決策をもたらすことを確信しています。サステナブルなラグジュアリービジネスモデルへの改革を成功させる為には、イノベーションと的確な問題解決力が極めて重要です。サステナブル・イノベーション・アワードが、グレーターチャイナにおいてこの改革成功の一助になり得る新アイディアや解決策を生み出すことに期待を持っています」とコメントしました。

 

ケリング・グレーターチャイナの社長ジンキン・サイは開会挨拶にて次のように述べました。「サステナブルでエシカルなファッションを確立させるためには緊密な協力関係が必要不可欠です。中国は、グローバルサステナブル事業の先駆者としての重役を担っており、未来のサステナビリティの扉を開くポテンシャルを持っています。だからこそ、ケリングは中国の新世代の才能と起業家に、環境問題やファッション業界をよりサステナブルな方向に転換するためのゲームチェンジャーになる解決策を有力な他社と協力して探求するよう促したいと考えているのです」

 

また、プラグ&プレイ社長兼常務のピーター・誠慈は、「プラグ&プレイはサステナビリティに重きを置き、創業当時からヨーロッパ、アメリカ、中国において積極的にサステナビリティ活動に参加しています。ケリングが我々と協力し中国へのサステナブルファッション展開に取り組んでいて、大変喜ばしいです。このアワードを通して、インパクトを残す期待の星となるスタートアップ企業に出会い、リテールとユーズ、新素材、エネルギー効率、グリーンサプライチェーンなど様々な事業に投資する事を楽しみにしています」とコメントしています。

 

北京で開催されたアワードの創設発表イベントで特に注目されたのは、サステナビリティ、ファッション、イノベーション業界の専門家による2つのパネルディスカッションでした。1つのディスカッションは、中国におけるラグジュアリー業界とファッション業界をよりサステナブルに方向転換する為の啓発的な考えを共有するもので、このディスカッションには、ケリングのチーフ・サステイナビリティ・オフィサー兼国際機関渉外担当責任者であるマリー・クレール・ダブー、オルドスカシミヤグループプ社長のJane Zhen Wang,Institute of Public and Environmental Affairs創立者のMa Jun,ShokayのCEOであるCarol Chyau,E23創立者のMengyuan Liu,プラグ&プレイ中国のブランド&リテールディレクターのJessica Zhu,そしてYehYehYeh創立者のShawayYehなどシニアファッション業界とサステナビリティ実践者を代表する専門家が参加し、一丸となってアイディアを共有しました。我々のメディア戦略パートナーであるSina Weibo社は、このディスカッションの放映を行いました。

 

ケリングのサステナビリティストラテジー:明日のラグジュアリーを創る

 

ケリングにとってサステナビリティは決して新しい考え方ではありません。ケリングのCEOであるフランソワ=アンリ・ピノーは、15年も前からサステナビリティ戦略をグループストラテジーの基幹に置き、取り組んでいました。2017年に新しく“明日のラグジュアリーを創る”という戦略を発表し、今後10年のラグジュアリー業界の改革を進める方針を示しました。2025年のストラテジーとして環境保護、社会福祉、違いを生むための発展に寄与するアプローチです。

 

2025年までのイノベーションに向けて、ケリングはプラグ&プレイと共に、代替原料の発掘から商品寿命を延ばす循環型テクノロジーの開発まで、幅広い分野でアパレル業界のバリューチェーン全体を進化させる新たな戦力を見出すべく、「ファッション・フォー・グッド」アクセラレーターを2017年3月に開催しました。ケリングは「ファッション・フォー・グッド」アクセラレーターを卒業した50以上のスタートアップ企業を支援し、生分解性グリッターや藻の布地、エコロジカルな染色方法や衣服リサイクルのブレークスルー技術などの開発に成功しています。

ケリングについて

 

グローバル・ラグジュアリー・グループであるケリングは、ファッション、レザーグッズ、ジュエリー、ウォッチ製品を扱う、選び抜かれたラグジュアリーブランドを擁しています。グッチ、サンローラン、ボッテガ・ヴェネタ、バレンシアガ、アレキサンダー・マックイーン、ブリオーニ、ブシュロン、ポメラート、ドド、キーリン、ユリス・ナルダン、ジラール・ペルゴ、ケリングアイウェア。シグネチャーである、«empowering imaginationイマジネーションをその先へ»のとおり、ケリングは想像力を伸ばし、明日のラグジュアリーを創造することで、ブランドがその可能性を最もサステナブルな方法で実現するよう後押ししています。2017年には108.16億ユーロの売上高を達成し、グループ社員の数は年度末時点で29,000人に上ります。

 

プラグ・アンド・プレイについて

 

プラグ・アンド・プレイは、グローバル・イノベーション・プラットフォームです。スタートアップ企業と大手企業を結びつけているベンチャーキャピタルです。世界中から数百人の起業家を集め、スタートアップ企業の成長にとって最高のプラットフォームを提供しています。

 

Press contacts

 

Charlotte Judet +852 5922 2855 charlotte.judet@kering.com

Emmanuelle Picard-Deyme +33 (0)1 45 64 61 87 emmanuelle.picard-deyme@kering.com

 

日本での連絡先

ケリングジャパングループコミュニケーション

 

産形利恵       +81(0)3 3486.2157       rie.ubukata@kering.com

 

www.kering.com

Twitter: @KeringGroup

LinkedIn: Kering

Instagram: @kering_official

YouTube: KeringGroup

 

 

Download the press release (.pdf 115.16 KB)