サステナビリティ
2020年5月19日

ジュエリー業界についての共通のビジョンを通じて、ラグジュアリー・ブランドと宝石採掘事業者を結びつける取り組みを発表

世界に名だたるジュエリーブランドや宝石採掘事業者が団結をし、2015年に発足した『Coloured Gemstones Working Group(CGWG)』は、ジュエリー業界が責任ある産業であるための共通のビジョンを目指しています。CGWGはこの5年間の活動を経て、この度活動のプラットフォームとなるウェブサイト、www.gemstones-and-jewellery.comを立ち上げました。

 

このウェブサイトでは、活動の中核である「Gemstones and Jewellery Community Platform」を見ることができます。間もなく公開されるこのプラットフォームは、過去3年間の150件を超えるプロジェクトを閲覧することができ、今まで試用されてきたリソースやツールに無料でアクセスできるCGWG主催の取り組みです。このリソースやツールは全てのビジネスタイプ、規模、そして形態に開かれており、サステナビリティの主要なテーマに関する知識と能力の習得、社会的、環境的、管理的なパフォーマンスを向上させることを支援します。

 

この取り組みでは学びと継続的な発展に焦点を当てています。真の変化には時間がかかるということと同時に、サステナブルな産業を実現するための長い道のりを、一歩一歩共に歩んでいくことができるという気づきを得ることも目標としています。  

 

CGWGはこれまで、Responsible Jewellery Council(RJC:責任ある宝飾品業のための協議会)やWorld Jewellery Confederation(CIBJO:世界宝飾連合)をはじめとする業界団体や組織と協働してきました。これは、重複や非効率を回避し、業界の調和に貢献すること、そして紛争の影響下のハイリスクな地域からの責任ある鉱物供給網に関するOECDデュー・ディリジェンス・ガイダンスの実施促進に向けた取り組みの一環です。

 

 

Coloured Gemstone Working Groupについて


Coloured Gemstones Working Group (CGWG)は世界有数のラグジュアリー・ジュエリー・ブランドと宝石採掘事業者との間の提携です。ショパール、ジェムフィールズ、ケリング、LVMH、ムゾ鉱山の各企業、リシュモン、スワロフスキー、ティファニーが参画。 
CGWGはカラー宝石の責任ある供給を通じて、ポジティブな変化を促進する取り組みによって団結しています。業界内に山積する複雑な問題やリスクについて、徹底的に理解することがこの目標を達成するための第一歩となります。 
CGWGは、より責任のある透明性高い業界の実現に向けて取り組むため、上級および専門スタッフを投入しています。その結果、カラジェムストーンに焦点を当てた着実で実用的なリソース、ガイダンス、ツールが共同開発され、ジュエリー業界に携わるすべての人の利用が可能です。近日公開の「Gemstones and Jewellery Community Platform」からアクセスすることができます。 

 

 


URL:www.gemstones-and-jewellery.com