サステナビリティ
2022年9月30日

ケリングがグループの規格V5を発表

ケリングは、2018年にはじめて原材料と製造プロセスに関する規格を設けました。以来、この規格はグループの持続可能な開発アプローチに照らし合わせて年を追うごとに充実化されています。

ケリングは、2018年にはじめて原材料と製造プロセスに関する規格を設けました。以来、この規格はグループの持続可能な開発アプローチに照らし合わせて年を追うごとに充実化されています。

 

翌年2019年に合成素材とシルクが規格に加えられ、2020年には包装、マーケティングビジュアル、イノベーション、2021年にはサーキュラリティ、フェイクファーが内容に加えられました。そして先ごろ、2022年の新機軸として「カット、メイク、トリム」と「サステナビリティ クレームズ」の2項目が加えられました。

このような改訂は、いずれもリジェネラティブ農業や製品寿命、イノベーションといった現在焦点とされているトピックや、新たに生まれた課題を考慮して行われています。例年実施されている抜本的な改訂には、ケリングの透明性に対する理念、そしてオープンソースに基づいたアプローチが反映されています。

ケリングでは、原材料と製造プロセスに関する規格に加えて、2019年に動物福祉に関する規格、そして2020年には店舗に関する規格も設けています。ケリングにとって大きなチャレンジとなる2025年ゴール達成に向けて、グループの持続的な開発ストラテジーをかんがみたこの3つの規格が原動力となります。このゴールには、トレーサビリティや人権、環境フットプリントならびに温室効果ガスの低減などが掲げられています。

 

「ケリングスタンダード」は、グループのサプライヤー業者が、ケリンググループならびに傘下ブランドによって定められた社会と環境上の規定に準拠した企業活動を展開していることを保証するためのガイドとして機能します。このスタンダードは、企業外専門家ならびにNGO団体との協働のもとで、最新の科学研究や法制、ベストマネージメントプラクティス、ならび他セクターですでに施行されているさまざまな要綱に基づいて実現されています。