ケリング・グループ
2019年11月25日

モダンフィルムとケリング・ファウンデ―ションが応募者の中から「16デイズ16フィルムズ」のファイナリストを発表

Kering Foundation Women

UN Women(国連ウィメン)のキャンペーンである、”16 Days of Activism Against Gender-based Violence” (ジェンダーに関する暴力に対抗する16日間の行動)に着想を得た「16デイズ16フィルムズ」は、女性に対する暴力を描いたショートフィルムを取り上げる取り組みです。

 

モダン・フィルムズはケリング・ファウンデ―ションとのパートナーシップの下、16人のファイナリストと審査員のメンバーを発表しました。2年目となる「16デイズ16フィルムズ」は女性に対する暴力撤廃の国際デーである11月25日から世界人権デーの12月10日の間、オンラインにて展開されます。

 

選ばれたフィルムは映画の力を通じてジェンダーに基づく暴力に対する意識を高め、変化と説明責任を求める動きを後押しすることを目的とし、11月25日から12月10日の16日間、毎日1本ずつ発表されます。これらのフィルムはモダン・フィルムズとケリング・ファウンデ―ションのプラットフォーム内、またUK Says No MoreキャンペーンやChayn ItaliaやEn Avant toute (s)といったNGO
でもシェアされていきます。

 

キャンペーンは12月16日にロンドンで開催され、最終選考に残った16本全ての作品の特別上映および表彰式で締めくくられます。独立審査員は最優秀賞者および3名の準優勝者を選出します。また、最優秀賞者はUK Says No Moreの新公共キャンペーンを製作する機会が与えられます。

 

「私たちは女性監督、そして世界中の女性に対する暴力が複雑に蔓延る状況に目を向けた彼女たちの力強いストーリーをサポートできることを光栄に思います。最終選考に残った作品は女性器切除からフェミサイドまで、様々な内容の16本であり、私たちがこれまで歩んできた道のり、そしてこのような暴力を根絶する為にすべき今後の道のりを示しています」とケリング・ファウンデ―ションのエグゼクティブ・ディレクターのセリーヌ・ボネールは述べます。

 

「16本のフィルムが勢揃いすることでストーリーに独創的な方法で声を与えていくのです。『16デイズ16フィルムズ』は、これらのフィルムや製作者を紹介する公開プラットフォームを作成することで、ストーリーの拡散先、また重要な問題として提起する機会を増幅し、新たな女性の声を奨励、また賞賛することを目指しています」と「16デイズ16フィルムズ」のプロデューサーであるヨハンナ・フォン・フィッシャーは語ります。
 

16本のフィルムと製作者:

 

審査員は女優サンディ・ニュートン、監督アリス・ウィノカー、ケリング・ファウンデ―ションのエグゼクティブ・ディレクターのセリーヌ・ボネール、モダン・フィルムズのクリエティブ・ディレクターであるベティ・アルドゥス、女優ジョディ・ウィトカー、報道キャスターエディス・ボウマン,Obscured Picturesのスペシャル・プロジェクト・ヘッドであるジュリー・ラバセール、仏ELLE編集長カテル・プーリケン、UKSNMのパートナーシップ・マネージャーのサラ・ダンジェリス、そして活動家のマライ・ララシから構成されます。また更なる審査員の人選については追って発表します。

 

本年、「16デイズ16フィルムズ」にはイギリスの他にもフランス、イタリアを含む150近くの応募がありました。作品は全て女性監督による25分以下のショートフィルムであり、ジェンダーに絡む虐待についての内容となっています。2018年には新人作品からレスリー・マンヴィルのような著名人による主演作品を含む、イギリス国内の映画製作者から89のフィルムの応募があり、ジェイシャ・パテルの『Circle』(最優秀賞)、ミランダ・スターンの『Everybody’s Business』(第2位)、フィオナ・コンプトンの『Silence』(第3位)が審査員によって選ばれました。「16デイズ16フィルムズ」はイギリスにおける家庭内暴力、性的暴力に関しての意識の向上および抑止を目的とした公共キャンペーンであるUK Says No Moreと関連して行われました。

 

「UK Says No Moreはジェンダーに関連する暴力は私たちすべてに影響を及ぼし、私たちは皆、家庭内暴力や性的暴力を根絶する役割があるということを明確に認識しています。フィルムは暴力に関する人々の注目を集め、問題を理解する過程において、強い力を持つ媒体です。『16デイズ16フィルムズ』は映画製作者のストーリーと観衆を結び付け、観衆にコミュニティの一部としてこの問題に関する対応を促すと同時に、被害者の近くにいる人々には支援サービスを信じることを可能にさせるのです」とUK Says No Moreの責任者であるリンジー・デアラブは述べます。

 

イタリア国内ではChayn Italia、またフランス国内ではEn Avant toute (s) がローカル・パートナーとなっています。
 



For more information please visit:

www.16days16films.com
www.modernfilms.com/16days16films
www.KeringFoundation.org

Facebook: @modernfilms / @Keringgroup / @16days16films
Instagram: @16days16films / @Kering_official
Twitter: @16days16films / @KeringforWome

 

For further press information please contact:

For Modern Films
PREMIER: Elizabeth Taylor / Charlotte Moore / Jamie Rushden
Tel: + 44 20 7292 8330 / Email: firstname.surname@premiercomms.com


ケリング・ファウンデ―ションへのお問合せ
Juliette Jacovidis +33 (0)6 48 49 83 15 - juliette.jacovidis@jaycommunication.com
Mélanie Japaud +33 (0)6 59 47 29 43 - melanie.japaud@jaycommunication.com

 

About Modern Films

Modern Films is a London-based, female-led film production, distribution and event cinema agency. Established in 2017 with a mandate to work on stories that address social issues head-on through film and media content, they launched with the Event Cinema release of Manifesto starring Cate Blanchett and with Executive Production on the BAFTA-winning I am Not a Witch. They focus on A-list festival competitors, critically acclaimed titles and international award winners. Highlights of their slate include Alice Rohrwacher’s Happy as Lazzaro, Iciar Bollain’s Yuli: The Carlos Acosta Story, documentary Shooting the Mafia by Kim Longinotto and the upcoming The Perfect Candidate by Haifaa al Mansour.


About the Kering Foundation

Worldwide, 1 in 3 women is or will be a victim of violence during her lifetime. Since 2008, the Kering Foundation combats this violence that affects all cultures and all social classes. To maximize its impact, the Foundation works hand in hand with a limited number of local partners in the three main regions where the Group operates: the American continent, Western Europe and Asia.

The Foundation supports local survivor-centered organizations that provide comprehensive services to women, and works with younger generations, particularly young men and boys, to combat violence against women through prevention programs.

The Foundation also seeks to change behaviors within Kering and in society in general. It offers training sessions on domestic violence for Kering employees and created, in 2018, alongside the FACE Foundation, “One in Three Women”, the first European network of companies engaged against gender-based violence.

 

About UK SAYS NO MORE

UK SAYS NO MORE is a national campaign launched in early 2016 with the aim to raise awareness of domestic abuse and sexual violence across the UK. UK SAYS NO MORE unites and strengthens a diverse community of members under one powerful, visual symbol, and provides open-source tools, information and resources for individuals and organisations to get involved. Together, we are challenging the myths and misconceptions around domestic abuse and sexual violence, sharing resources and information and ultimately working together to make real positive social change.


About 16 DAYS OF ACTIVISM

16 Days of Activism Against Gender-based Violence is an annual campaign, which has run since 1991, and has 164 countries and 3,700 organisations involved. It uses the 16 days between International Day for the Elimination of Violence Against Women (25th November) and International Human Rights Day (10th December) to reinforce that eliminating all forms of violence against women is a human rights issue, and that the act of perpetrating violence against women is a human rights violation.


About En avant toute(s)

En avant toute(s) is an organisation working for gender equality and the end of gender-based violence, by fighting stereotypes and supporting survivors. This innovative organization created the first chat room in France focused on responding to the needs of young people who are questioning their romantic relationships and the violence they may be experiencing in it.