人材
2015年5月5日

トッド・ハイメルがアクションスポーツブランドCEOに就任

ケリングは、2015年7月1日付で新設される新たなポジションであるアクションスポーツブランドCEOにトッド・ハイメルが就任することを発表しました。トッド・ハイメルはカリフォルニアのコスタメサを拠点とし、レポート先は引き続き、グループマネジングディレクターであるジャン=フランソワ・パリュとなります。

 

このポジションにおいて、トッド・ハイメルは米国、特に西海岸においてグループの基盤を固める役割を担うとともに、グループ傘下のアクションスポーツブランドであるボルコムとエレクトリックの世界展開、成長拡大により深く関わっていきます。両ブランドのCEOのレポート先はトッド・ハイメルとなります。

 

米国とフランスの国籍を持つトッド・ハイメルは2008年にM&Aデュプティディレクターとしてケリングに入社し、2012年1月にはケリングスポーツ&ライフスタイルディビジョンのチーフオペレーティングオフィサーに就任しました。2012年4月からはプーマの執行役員も務めています。

 

Todd Hymelトッド・ハイメルについて

41歳のトッド・ハイメルはニューオーリンズのKPMGで監査法人でのキャリアをスタートしました。その後、シカゴのKMPGのトランザクションサービス部門でシニアマネジャーとして勤務し、パリに拠点を移してクロスボーダー取引を担当しました。2003年に投資会社Platinum  Equityのパリにあるヨーロッパ支社に参画した後、2006年後半には小中額資本に特化した自身の未公開株式投資会社Naxos Capital  Partnersを共同設立しました。トッド・ハイメルは2008年にM&Aデュプティディレクターとしてケリングに入社し、2012年1月にはケリングスポーツ&ライフスタイルディビジョンのチーフオペレーティングオフィサーに就任しました。トッド・ハイメルはニューオーリンズ大学で会計学の学士を取得しています。

 

About Keringケリングについて

アパレルとアクセサリーのカテゴリーに特化したグローバルリーダーであるケリングは、選び抜かれたラグジュアリーブランドとスポーツ&ライフスタイルブランドを展開しています:グッチ、ボッテガ・ヴェネタ、サンローラン、アレキサンダー・マックイーン、McQ、バレンシアガ、ブリオーニ、クリストファー・ケイン、ステラ・マッカートニー、トーマス・マイヤー、セルジオ・ロッシ、ブシュロン、ドド、ジラール・ペルゴ、ジャンリシャール、ポメラート、キーリン、ユリス・ナルダン、プーマ、ボルコム、コブラ、エレクトリック、トレトンシグネチャーである«empowering imaginationイマジネーションをその先へ»のとおり、ケリングは想像力を伸ばしていくことによって、ブランドが最もサステイナブルな方法でポテンシャルを実現するよう後押ししています。120以上の国でビジネスを展開して2014年には100億ユーロの収入を達成し、グループ社員の数は年度末時点で37,000人に上ります。ケリング(旧社名PPR)はユーロネクスト・パリに上場しています(FR 0000121485, KER.PA, KER.FP)。

 

日本でのお問い合わせ先株式会社ケリングジャパングループコミュニケーション部静川昌子

Atsuko Shizukawa:

+81(0)334862157

atsuko.shizukawa@kering.com

 

Website : www.kering.com

 

Download the press release (.pdf 67.75 KB)