人材
2021年9月30日

ケリング ノースおよびサウスイーストアジア プレジデントに ティエリ・マルティが就任

ケリングは、2021年10月1日付でケリング ノースおよびサウスイーストアジア(日本、韓国、東南アジア、オーストラリア、ニュージーランド)社長にThierry Marty(ティエリ・マルティ)が就任したことをお知らせいたします。     新たに設けられたこの役職は、APAC地域におけるケリングのコーポレートチームを強化し、同地域における グループ傘下のブランドの長期的発展をサポートするものです。

ケリング・グループ マネージングディレクターのジャン=フランソワ・パルーは次のように述べています。「ティエリ・マルティを迎え、ノースおよびサウスイーストアジア地域におけるケリングのプレゼンスを強化できることを  うれしく思います。在アジア20年以上の経験から、これらの市場におけるラグジュアリー業界に豊富な経験と 深い知識を持つマルティがノースおよびサウスイースト・アジア地域における当社の戦略展開に、大きく貢献してくれることを確信しています」

ティエリ・マルティはソウルを拠点とし、ジャン=フランソワ・パルーの直属となります。グレーターチャイナ(中国本土、香港、マカオ、台湾を含む)におけるケリングの組織に変更はなく、グレーターチャイナの社長ジンキン・サイが同地域のコーポレートチームを率います。
 

 

 

ティエリ・マルティについて

 


ティエリ・マルティはデロイトでキャリアを開始させた後に、1995年にLVMHに入社。これまでにシンガポール、東京、ソウルを拠点に、アジア地域のフェンディ、セリーヌ、ブルガリ、ルイ・ヴィトンにおいて財務担当から経営全般までを担ってきました。 

Photograph available here

 

 

 

ケリングについて


ケリングは、ファッション、レザーグッズ、ジュエリー、ウォッチ製品を扱うメゾン、およびケリング アイウエアを
擁するグローバル・ラグジュアリー・グループです。傘下のブランドは、グッチ、サンローラン、ボッテガ・
ヴェネタ、バレンシアガ、アレキサンダー・マックイーン、ブリオーニ、ブシュロン、ポメラート、ドド、キーリン、
ユリス・ナルダン、ジラール・ぺルゴ。戦略の中心にクリエイティビティ(創造性)を掲げるケリングは、サステナブルで責任のある方法により未来のラグジュアリーを築きながら、各ブランドがそれぞれの創造性を自由に表現することを可能にしています。このような信念が「イマジネーションをその先へ」( “Empowering Imagination”)というケリングのシグネチャーに込められています。2020年には131億ユーロの売上高を達成し、グループの社員数は年度末次点で38,000人に上ります。
 

 

お問い合わせ先

 

プレス


Emilie Gargatte                                      +33 (0)1 45 64 61 20               emilie.gargatte@kering.com
Marie de Montreynaud                           +33 (0)1 45 64 62 53               marie.demontreynaud@kering.com

 

アナリスト/投資家担当


Claire Roblet                                          +33 (0)1 45 64 61 49               claire.roblet@kering.com
Julien Brosillon                                       +33 (0)1 45 64 62 30               julien.brosillon@kering.com

 

日本でのお問い合わせ


株式会社ケリング ジャパン コミュニケーション&メディア
産形利恵                               rie.ubukata@kering.com
田村絵李                              eri.tamura@kering.com

 

 

www.kering.com
Twitter: @KeringGroup
LinkedIn: Kering
Instagram: @kering_official
YouTube: KeringGroup