サステナビリティ

ザ・エクスプローラーとともに、地球の美しさと儚さを再発見する

「ザ・エクスプローラーズ プロジェクト」は、地球の美しさと儚さを明らかにすることで、生物多様性保全の課題や、とるべき行動を特定します。このプロジェクトは、科学と行動に基づくケリングのサステナビリティへのアプローチを反映し、人々の生物多様性保全に対する意識を高め、多くの人が取り組むことを奨励します。ケリングはザ・エクスプローラーズとのパートナーシップにより、生物多様性保全に関するコンテンツを毎月発表します。

コミュニケーションのために探求し、環境保全のための知識を得る

ケリングは、生物多様性と資源の保全は同時に取り組むべきであると確信しています。そのため、できるだけ多くの人の生物多様性保全に対する意識を高め、誰もが取り組みに貢献できるようにしたいと考えています。


ケリングは2020年より「ザ・エクスプローラーズ」とパートナーシップを結んでいます。世界中を探検する同団体のチームは、地球の誇る自然遺産や文化遺産のディレクトリを制作し、超高解像度(8K/4K/HD)の写真の数々でそれらを紹介しています。探検のたびに現地で暮らす人々から寄せられる意見は、コンテンツの制作に役立てられます。探検家たちは、写真やイラスト、ビデオ、ドキュメンタリーを組み合わせたプラットフォームを開発し、探検で発見した内容をそこで共有しています。


探検を通して、生物多様性の美しさと儚さを同時に実感することができます。ケリングは、生物多様性に関する問題への意識向上のため、「ザ・エクスプローラーズ」のプラットフォームより厳選した写真とビデオを毎月公開します。


「ザ・エクスプローラーズ」のサイトを見る


ケリングのサステナビリティ戦略や取り組みについては、サステナビリティのセクションをクリックしてください。

海や湖、大洋は、生物多様性の土台を形作っています。動植物にとって真の保護区となっているこれらの空間は今、地球温暖化や海面上昇の脅威にさらされています。ツマグロ(別名:ブラックチップ・リーフ・シャーク)やイッカク、サンゴ礁の生態系など、海中の生物多様性の宝庫をご覧ください。

サメにとっての楽園

ランギロア島のラグーンの海水には、何百匹ものオグロメジロザメやツマグロが集まります。そこは水が温かく、沢山の魚が集まり、水の流れが大変強いので動く必要がない、というサメにとっての楽園です。

ジンベイザメ

全長約998キロにも及ぶ南米のメソアメリカ・バリアリーフは、オーストラリアのグレートバリアリーフに次ぐ大きさを誇ります。そしてこの珊瑚礁を訪れるのが、海の巨人 ジンベエザメです。ジンベイザメがいつ、どこに現れるかは誰にもわかりません。その巨大な大きさにもかかわらず、人目につくことは稀です。

カモフラージュの王様

ウォビゴン(テンジクザメ科)はカモフラージュの王様です。ウォビゴンサメは水底ではあまり動かず、獲物が来るのを待っているので泳ぐのは苦手です。身体は幅広で平たく、その多くは体長約1.2メートルにのぼります。

#KeringForSustainability

Twitterで最新のニュースをご覧ください。

Background twitter
#KeringForSustainability