私たちの考え

「ラグジュアリーとサステナビリティは同一である」フランソワ=アンリ・ピノーが主張するこの深い信念を反映し、ケリングはサステナビリティを常にビジネス戦略の中核に据えてきました。ケリング・グループとそのブランド、そして社内外のあらゆるステークホルダーにとって、サステナビリティは倫理的に必要であるだけでなく、イノベーションと価値創出の原動力となっています。

詳しく見る

戦略

ケア(配慮)、コラボレート(協業)、クリエイト(創造)。この3本柱を元に、よりサステナブルで責任あるラグジュアリーを追求します。天然資源の消費量の削減と他者の尊重が絶対的に求められる現在、ケリングは2025年に向けたサステナビリティ戦略を構築します。またこの3本柱は「未来のラグジュアリーを創造する」というケリングの熱意を体現し、推進していきます。

詳しく見る

ニュース

2025年に向けたロードマップの進捗状況、イベント、パートナーシップの新着情報、発行物、EP&Lレポートなど、ケリングのサステナビリティに関する最新情報をお届けします。

すべての最新ニュースを見る

EP&L:環境損益計算

ケリングは、グループの事業活動による環境負荷を測定および定量化する、革新的なツールを開発しました。EP&L(環境損益計算)はサステナブルなビジネスモデルの実現に役立つツールであり、ラグジュアリー業界にとどまらず、様々な業界に普及させたいと考えています。

詳しく見る

資料

ケリングのサステナビリティに関する発行物やビデオはこちら

すべての出版物を見る