ケリング・グループ

セーヴル通り40番にて「ポール・ハイムの庭」展を開催

ポール・ハイムのコレクションは、1960年代に収集された41点の記念碑的な彫刻で構成されており、最近までフランス南西部のアドゥール川のほとりにある庭園に収蔵されていましたが、一般に公開されることはほとんどありませんでした。この特別な機会を記念し、作品はバスク地方の海岸から場所をケリングの本社に移し展示されます。展示会はオークションの数日前まで開催され、ブールデル、カルダー、ニキ・ド・サンファル、ミロ、ロダンらの作品が旧ラエネック病院の中庭や礼拝堂、6つの庭園のうちの1つで新たに展示されます。

Cour d'honneur Laennec exposition Christie's

ポール・ハイムは、20世紀後半に活躍した美術商かつコレクターで、印象派や現代美術を日本に紹介したことで知られています。ハイムはその経歴を通じて、多くの現代美術家と交流を持ち、その中にはハイムの友人となり、ハイムがインスピレーションを受けたコレクションに貢献した人もいます。


ハイムの素晴らしいコレクションは、1960年代末、ポールと彼の妻である写真家で画家のジャネット・ルロワがバスク海岸に移住した時に生まれました。それからの数年間、ポール・ハイムはコレクションを増やすためのスペースを確保するために庭を拡張していきました。ハイムの庭師であるギルバート・カーティは、ハイムと協力して、それぞれの作品に新たな生命を吹き込むような庭を丹念にデザインしました。やがてコレクションは40点の傑作を含むまでに成長し、20世紀の彫刻を一望することができるようになりました。

The garden of Paul Haim - Chapter 1

The garden of Paul Haim - Chapter 2

The garden of Paul Haim - Chapter 3

2006年にコレクターが亡くなってからは、娘のドミニク・ハイムがコレクションを管理しています。これまで、このコレクションはごく一部の限られた人々にしか公開されていませんでした。2020年に彼女がクリスティーズのオークションに作品を出すことを決定したことから、コレクションの一般公開が開始します。コレクションはバスク地方を離れ、セーヴル通り40番に留まります。ケリングとバレンシアガの本社では、ブールデル、カルダー、チリーダ、ディ・スヴェロ、レジェ、マイヨール、ミロ、ノグチ、プレンサ、ロダン、ニキ・ド・サンファル、ザオ・ウーキーの作品を含むこの伝説的なコレクションを一時的に展示します。

Dominique Haim

Cécile Verdier

Pierre Martin-Vivier

ケリングは、セーヴル通り40番を芸術と文化を共有するための出会いの場に変えることを約束し、10月15日から10月21日までの間、展覧会を一般公開することを決定しました。現在の健康対策を厳守し、2000 以上の来場者が類まれなコレクションを鑑賞しました。