ケリング・グループ

カルチャーと伝統

ケリングのアイデンティティは、グループを支えるブランドの類い稀な伝統や、芸術、文化、遺産の必然ともいえる繋がりによって築かれてきた、多様で豊かな歴史の産物です。

Note Histoire

ケリングの歴史

1963年の創業以来、ケリングは弛まぬ発展と成長を続け、2018年にはラグジュアリー事業に専念する方針を固めました。持続的な発展を支えているのは、各ブランドの専門性とインスピレーションや、2世紀以上にわたって構築してきた、独創的かつ大胆な美の世界観です。こうした独自の歴史により、ケリングのアイデンティティが形成されたのです。

詳しく見る
40 rue de Sèvres

セーヴル通り40番

2016年、ケリングはパリのセーヴル通り40番に本社を新設移転しました。ランドマークとしてパリ7区の中心に佇む独創的で型破りな建物は、2000年までラエネック病院として使用されていました。その類い稀な建築様式と豊かな歴史に魅了されたケリングは、グループ本社ビルへと変身させるための大規模改修に着手しました。この新社屋では、ガイドツアーを実施しています。

詳しく見る