ケリング・グループ

才能ある女性を称える

「ウーマン・イン・モーション」アワードは毎年、自らの選択やキャリア、世界観を通じて女性の立場向上に努める傑出した女性や才能ある若い女性に授与されています。これまでのすべての受賞者をご覧ください。

才能ある女性を称える - ケリング・グループ

「ウーマン・イン・モーション」はアワードを授与することで、映画界と写真界の女性の才能を称えます。カンヌでは毎年、2つの賞が授与されます。「ウーマン・イン・モーション」アワードは、映画界におけるキャリアで、女性の地位向上に努めてきた代表的人物に与えられます。ヤング・タレント・アワードは、将来有望な女性映画監督を称え、経済的支援を行います。また、アルル国際写真フェスティバルでは、2016年よりマダム・フィガロ賞を支援し、2019年には「ウーマン・イン・モーション」フォトグラフィー賞を設けました。

 

 

2022年受賞者

カンヌで開催された第8回「ウーマン・イン・モーション」の一環として、ケリング会長兼CEOのフランソワ=アンリ・ピノーとカンヌ映画祭総代表のティエリー・フレモーは、アメリカ人女優でプロデューサーのヴィオラ・デイヴィスに「ウーマン・イン・モーション」アワードを授与しました。また、ヤング・タレント・アワードは、スウェーデン人監督のニンジャ・サイバーグが受賞しました。

 

ケリングとアルル国際写真フェスティバルは、第4回「ウーマン・イン・モーション」フォトグラフィー・アワードをバベット・マンゴルトへ授与します。1941年にフランスで生まれ、1970年代からニューヨークを拠点に活動するバベット・マンゴルトは、映像作家、写真家、アーティスト、そして写真に関する批評の著者として活躍しています。 
女性による才能の認知向上のため、アミーナ・カドゥスがマダム・フィガロ・アルル・フォトグラフィー・アワードを受賞。

Viola Davis and Ninja Thyberg

3 questions to Ninja Thyberg

3 questions to Babette Mangolte

2021年度受賞者

第74回カンヌ国際映画祭では、最後まで受賞者が秘密にされていた「ウーマン・イン・モーション」アワードが、社会活動を行う女優、プロデューサー、監督のサルマ・ハエックに授与されました。また、ヤング・タレント・アワードは、初監督作品『Milla』で高い評価を得たオーストラリア人監督のシャノン・マーフィが受賞しました。
ケリングは、アルル国際写真フェスティバルとのパートナーシップを通じて、女性写真家への支援を強化しています。第2回「ウーマン・イン・モーション」フォトグラフィー賞は、ロシア系ガーナ人の写真家、リズ・ジョンソン・アルトゥールのキャリアと貢献に敬意を表しました。

シャノン・マーフィへの3つの質問

マウラ・デルペロへの3つの質問

リズ・ジョンソン・アルトゥールへの3つの質問

2020年度受賞者

アルル国際写真フェスティバルとのパートナーシップにより、2020年度「ウーマン・イン・モーション」フォトグラフィー賞がサビーヌ・ヴァイスに授与されました。写真界のヒューマニズム派として残る最後のひとりとして、ヴァイスの作品は人々の日常生活の描写やその感情を捉えることに重きを置いています。


本年のカンヌ映画祭は開催中止となりましたが、映画界と若いクリエイターを支援するため、ケリングと同映画祭はヤング・タレント・アワードの授与を実施しました。2020年度ヤング・タレント・アワードは、イタリア人映画監督のマウラ・デルペロが受賞しました。

マウラ・デルペロ、エヴァ・トロビッシュ

サビーヌ・ヴァイスへの3つの質問

クリストフ・ワイズナーへの3つの質問

サビーヌ・ヴァイス、ある写真家の生涯

2019年受賞者


2019年、第5回「ウーマン・イン・モーション」アワードは、中国映画界のアイコン的存在であり、国際的な映画祭で受賞歴のある中国人女優のコン・リーが受賞しました。 ヤング・タレント・アワードは、ドイツの監督のエヴァ・トロビッシュに贈られました。

 

アルル国際写真フェスティバルでの最初の「ウーマン・イン・モーション」アワードは、女性の生き方に関する作品と、稀にみる熱心な取り組みが評価され、アメリカ人ドキュメンタリー・フォトグラファーのスーザン・マイゼラスが受賞しました。マダム・フィガロ賞は、エヴァンゲリア・クラニョッティが受賞しました。

2019年度受賞者 - 才能ある女性を称える - ケリング・グループ
2018年受賞者


2018年「ウーマン・イン・モーション」アワードは、『ワンダーウーマン』の監督で知られる映画監督、映画プロデューサー、脚本家であるパティ・ジェンキンスが受賞しました。2018年のヤング・タレント・アワードは、『悲しみに、こんにちは』を監督したカルラ・シモンが受賞しました。


また、アルル国際写真フェスティバルの第3回マダム・フィガロ賞は、ヴィクトリア・ヴォイチェホヴスカが受賞しました。 

2018年度受賞者 - 才能ある女性を称える - ケリング・グループ
2017年受賞者


世界的な映画界のアイコンであり、このプログラムの第3回の顔となった女優のイザベル・ユペールが、「ウーマン・イン・モーション」アワードを受賞しました。ヤング・タレント・アワードは、映画監督で脚本家のマイサルーン・ハムードが受賞しました。

 

2017年、アルル国際写真フェスティバルのマダム・フィガロ賞は、パズ・エラスリスが受賞しました。中国で開催されたジメイ×アルル国際写真フェスティバルでは、「ウーマン・イン・モーション」が支援するマダム・フィガロ女性写真家賞を、グオ・イングァンが受賞しました。

2017年度受賞者 - 才能ある女性を称える - ケリング・グループ
2016年受賞者

2016年の「ウーマン・イン・モーション」 アワードは、男女平等のため長年にわたり尽力している、ジーナ・デイヴィスとスーザン・サランドンが受賞しました。2人は共に、女優であり映画プロデューサーでもあります。映画監督のレイラ・ブジド、ガヤ・ジジ、アイダ・パナハンデが最初のヤング・タレント・アワードの受賞者となりました。

 

「ウーマン・イン・モーション」は、才能ある女性の認知に貢献するため、活動範囲を写真の世界へ広げました。2016年からはアルル国際写真フェスティバルのマダム・フィガロ賞を支援しており、同年はライア・アブリルに授与しました。
 

2016年度受賞者 - 才能ある女性を称える - ケリング・グループ
2015年受賞者


第1回の「ウーマン・イン・モーション」アワードは、女優でプロデューサー、慈善活動家としての素晴らしいキャリアを称え、ジェーン・フォンダに授与されました。スペシャルアワードは、プロデューサーのミーガン・エリソンが受賞しました。
 

2015年度受賞者 - 才能ある女性を称える - ケリング・グループ