ブランド

ブランド・ヒストリー

maison balenciaga histoire

1895年
クリストバル・バレンシアガが、スペインのバスク地方にあるゲタリアに生まれる。

 

1917年
クリストバル・バレンシアガがスペインのサン・セバスティアンにオートクチュール・メゾンを設立。

 

1937年
パリのジョルジュ・サンク大通り10番地にオートクチュール・メゾンをオープン。最初のコレクションを発表すると、メディアやバイヤーたちから大きな注目を集め、瞬く間に成功を収めました。

 

1947年
バレンシアガ初のフレグランス「Le Dix」を制作。

 

1948年
2つ目のフレグランス「La Fuite des Heures」を制作。

 

1951年
Vareuseと「Cocoon」ラインを制作。

 

1952年
メゾン初のボクシースーツを発表。「Parachute」ドレスを制作。

 

1953年
ウエストラインがヒップ位置まで下がり、シルエットに革命をもたらしました。

 

1955年
メゾン初のチュニック「I」を制作。3つ目のフレグランス「Quadrille」を発表。ロベール・ゴッサンスとのコラボレーションによるジュエリーラインを制作。

 

1957年
バレンシアガの無駄をそぎ落としたシルエットは、ファッション界に革命を起こし続けます。
「Sac」ドレス、「Cloche et Paon」ラインを発表。

 

1958年
「Baby Doll」ドレスを制作。アブラハム社製ガザール生地を開発。クリストバル・バレンシアガがレジオン・ドヌール勲章を受勲。

 

1959年
短いジャケットと高いウエストラインが特徴的なスーツを制作。「Amphore」ラインを発表。

 

1961年
スルバラン風式のイブニングガウン、女性の付添人用ドレス、壮麗なネグリジェ。
ジャン・コクトーによる舞台『オルフェ』の衣装を制作。

 

1963年
「Sari」ドレスを制作。マンシーニとのコラボレーションによる多彩なブーツを、スポーツアウトフィットと共に発表。
ロジェ・ヴィヴィエとのコラボレーションによるサンダルのコレクションを制作。

 

1965年
「Pétale」ドレスを制作。

 

1968年
クリストバル・バレンシアガが最後のコレクションを発表後、引退。
30年にわたるファッション業界における革新を経て、スペインの自宅へと戻る。

 

1972年
1972年3月24日、クリストバル・バレンシアガがスペインのハベアで死去。彼の故郷であるバスク地方に埋葬されました。

 

1997年
ニコラ・ゲスキエールがバレンシアガのクリエイティブ・ディレクターに就任。

 

2001年
ケリングがバレンシアガを買収。

 

2004年
メンズのレディ・トゥ・ウエア コレクションとアクセサリーのコレクションを発表。

 

2006年

パリ装飾芸術美術館でバレンシアガ展を開催。

 

2011年
サンフランシスコにあるデ・ヤング美術館で「Balenciaga and Spain」展を開催。
スペインのゲタリアにクリストバル・バレンシアガ・ミュージアムがオープン。

 

2012年
パリのレ・ドック・シテ・ド・ラ・モード・エ・デュ・デザインで『Cristobal Balenciaga collector of fashion』展を開催。
アレキサンダー・ワンがバレンシアガのクリエイティブ・ディレクターに就任。

 

2015年
デムナ・ヴァザリアがバレンシアガのアーティスティック・ディレクターに就任。

 

2016年
2017年春夏コレクションで初となるメンズランウェイショーを開催。

 

2017年
パリのモンテーニュ通りに新たな店舗をオープン。