サステナビリティ

ケリングがサステナビリティの展覧会「Fashion & Biodiversity」展を表参道ケリングビルにて開催

ケリング ジャパンは、2021年11月26日(金)から28日(日)まで、東京・表参道ケリングビルにてファッションと生物多様性の関係を紹介する展覧会「Fashion & Biodiversity:ケリングと共に考えるファッションと生物多様性」展を開催します。本展覧会では私たちが身に着ける衣服の原料の採取から店頭に並ぶ最終製品までのサプライチェーン全体における環境課題とその解決策をケリングと共に考えていきます。

ファッションと生物多様性 - 2021年11月1 - ニュースとリソース
ファッションと生物多様性

私たちが身につけている製品は、世界中の農場や畑、森林などの生態系から生まれています。自然は、各ブランドの製品に多くの原材料を提供するだけでなく、インスピレーションソースにもなっています。生物多様性の保護は、ケリングのサステナビリティ戦略の重要な柱であり、この展覧会では、テキスト、写真展示、ビデオを使って、これらのテーマをより深く探ります。また、グループのさまざまなブランドのサステナビリティへの取り組みが製品と共に紹介されます。

生物多様性をサポートするソリューションの提供

会場内の展示は6つのセクションに分かれており、それぞれが色分けされています。入場者は植物の根や幹を伝うように曲線を描きながら、色毎に分けられた各セクションを進みます。第1のセクションではファッションと生物多様性の密接な関係を紹介します。私たち着用している服を通してファッションと自然のつながりを理解した後、第2のセクションでは今日のファッション業界が直面している、天然資源の使用、温室効果ガスの排出や廃棄物などの生態系への影響などの課題を紹介します。実際にファッション業界のサプライチェーンは、世界の二酸化炭素排出量の5%を占めています*。また、水の需要が高いことに加え、埋め立て処分される繊維廃棄物や海の汚染などの課題も抱えています。


ケリングのような大手グローバルグループにとって、これらの問題は重要な課題を提起しています。環境への影響はどのようにして測定できるのか」「天然資源を保護・維持するための計画は何か」「新しい解決策はどのようにして見つけられるのか」。次の3つのセクションでは、ケリングの答えである「環境損益計算」、「生物多様性戦略」、そして「マテリアル・イノベーション・ラボ(MIL)」やブランドの取り組みが製品やソリューションと共に展示、説明されています。


最後のセクションでは、温室効果ガス排出の削減、再生可能エネルギーの使用、素材のトレーサビリティーなど、ケリングのサステナビリティへの取り組みが紹介されています。また、ワークショップは、サステイナブルなファッション産業と、生物多様性の保全を考える貴重な機会となります。
 

 

 

*Source: World Economic Forum, 2021 report “Net Zero Challenge: The Supply Chain Opportunity.”

ケリングの主な指数
2030年に 100%
2019年に 64% 達成
オフセット排出量
2030年に 90%
2019年に 74% 達成
スコープ1および2の温室効果ガス排出量の削減
2030年に 70%
2019年に 28% 達成
スコープ3の温室効果ガス排出量の削減
2022年に 100%
2020年に 90,6% 達成
再生可能な電力の年間調達量
展覧会概要

本展覧会は2021年11月26日(金)-28日(日)に表参道・ケリングビルにて開催いたします。入場料は無料ですが、事前予約制となっています。また、同時にワークショップも開催いたしますので、詳細および事前予約はこちらよりお申込みください。

 

事前予約はこちら