サステナビリティ

イノベーション・ラボ

ケリングはイノベーションと知識の共有を通じて、また環境フットプリントを削減する取り組みの中で、サステナブルな手法を広く浸透させるための画期的なソリューションとプロセスを取り入れています。

Plateformes d'innovation
マテリアル・イノベーション・ラボ

2013年、ケリングはサステナブルな生地や素材の調達に専門的に取り組むマテリアル・イノベーション・ラボ(MIL)を設立しました。ミラノに拠点を置くMILは、ケリングの各ブランドと緊密に協力し、サステナブルな素材をサプライチェーンに取り込めるようサポートしています。MILでは、コットン、シルク、カシミヤ、ビスコース、ポリエステルに特に力を入れています。ケリングの各ブランドや主要なサプライヤーに、製品開発上、よりサステナブルな選択をする方法への理解を促すリソースやツール、新しいソリューションをMILは提供しています。


MILのデータベースは、サプライヤーとそれぞれが手掛ける生地に関する独自の照合の仕組みを用いています。ここには代替レザー、サステナブルな生地、天然繊維、セルロース系繊維、合成繊維など、オーガニックと認定された3,800以上の生地および繊維のサンプルが集められており、グループのすべてのブランドが利用できます。生地は厳しい審査を受け、外部の基準や認証だけでなく、EP&Lのメソドロジーに沿って開発されたMIL専用のツールにも照らして評価されます。

 

MILはサプライヤーと緊密に連携しながら、サプライヤーの慣行がケリング・スタンダードにより忠実に従ったものになるよう努めています。この点において、MILが重点を置く活動は原材料の調達から製造工程まで、また農業、紡績、製織、サステナブルな染色と、サプライチェーン全体に及んでいます。MILは業界をリードするスタートアップ企業と提携し、複数のイノベーションをテストしています。その中には、染色や仕上げに関するソリューションのほか、バイオテクノロジーや農業廃棄物を活用して作られる新しい繊維なども含まれています。


素材やソリューションのアーカイブ化に加えて、MILは、ケリング・スタンダードの範囲内におけるサステナビリティを定義する格付け評価システムを開発したほか、業界全体の監査も行っています。また、チームは現在、サプライヤーが適切な環境認証を取得するためのサポートに注力しています。このようにして、業界全体の変革を推進しているのです。


以下は、MILのライブラリで参照したサンプルの種類の概要です:

環境にやさしい黒色顔料(Black  eco-pigment )​

藻類のスピルリナを培養生産する際に発生する副産物から得られる黒色の顔料。この顔料はカーボンネガティブで、紫外線に強く、安全性も高いのが特徴です。スピルリナから抽出された粗製顔料を、独自の技術で精製します。その後、粉砕し、炭素の微粒子と同様の特性を持つカーボン分散液を作ります。

南ゴビ・カシミヤ(South Gobi Cashmere)

モンゴルの南ゴビ砂漠で実施されているケリングのプロジェクトに参加している農場で生産された、追跡可能でサステナブルなカシミヤです。​ケリングは2014年に「野生生物と社会」学会と提携し、牧畜民によるヤギの飼育プロセスの改善を支援しています。

100%追跡可能なモヘア(100% Traceable Mohair)

南アフリカの厳選された農場で生産され、モヘア南アフリカ協会のサステナビリティに関するガイドラインに準拠した、追跡可能でサステナブルなモヘアです。ケリングは2019年、グループのサプライチェーン全体を通じて動物が最善の状態で扱われるようにすること、また業界全体の慣行を発展させることを目的に、“動物福祉スタンダード”を発表しました。

人工皮革 (Engineered leather)

なめしの工程で発生するレザーの廃棄物を回収し、有害な接着剤を使わずに織物素材と結合させた人工の皮革です。

画期的な染色方法(Innovative Dyeing)

この新技術により、水を使わず、また化学薬品の使用量を減らしてフェイクファーを染めることができます。  ​ケリングでは、環境にやさしい新たな製造工程を確立するという目的から、いくつかのパイロットプロジェクトを立ち上げています。

​フェイクファー(Faux Fur)

部分的に植物由来でポリエステルに似た繊維「ソロナ」を使用したフェイクファーです。ケリングでは、環境にやさしい新たな製造工程を確立するという目的から、いくつかのパイロットプロジェクトを立ち上げています。

サステナビリティ・イノベーション・ラボ

ケリングは2020年前半に、サステナビリティ・イノベーション・ラボ・フォー・ウォッチ・アンド・ジュエリー(SIL)という腕時計およびジュエリーに向けたプラットフォームを立ち上げました。SILはスイスにあるケリングの腕時計の製造施設に拠点を構え、ジュエリーおよび腕時計のブランドで使用される宝石や金といった素材に焦点を当てています。

 

 

ケリングのスペシャリスト、デボラのコメント