ブランド

ブランド・ヒストリー

Histoire maison Saint Laurent

1961年に創業し、20世紀を代表するファッションブランドの一つです。当初オートクチュールブランドとして設立されたイヴ・サンローランは、1966年に「サンローラン リヴ・ゴーシュ」と呼ばれるラグジュアリー・プレタポルテ・ラインを発表し、現代ファッションに革命を起こしました。

 

イヴ・サンローランは創業以来、ファッション業界内外に大きな影響をもたらしてきました。創立者であり、クチュリエでもあったムッシュ イヴ・サンローランは、20世紀で最も偉大なデザイナーの一人として長きにわたり高い評価を受け続けてきました。

 

その創造性はブランドの中核であり、ファッションの限界に挑戦する原動力となりました。思想の自由とエンパワーメント推進のために、衝撃的、挑戦的な作品をためらわず発信し続けました。サンローランは革新とラグジュアリーを両立させた史上初のブランドであり、この精神は私たちのDNAの基盤となっています。

 

現代に通じる独特のアイデンティティにより、サンローランはファッション界のリーダーとして認識されています。
サンローランは現在、他の一流ラグジュアリーブランドと共に世界規模で切磋琢磨しながら、モードの最先端を走り続けています。
サンローランは、メンズとウィメンズウェア、シューズ、ハンドバッグ、スモール・レザー・グッズ、ジュエリー、スカーフ、ネクタイ、アイウエアなど、幅広いアイテムをデザイン、販売しています。

 

生産は主にイタリアとフランスの2拠点体制で行われ、ウェアは現在も創立当初のアトリエで制作されています。また、世界規模のライセンス契約に基づいた、アイウエア、フレグランス、化粧品の製造と販売も手掛けています。

 

クリエイティブ・ディレクター アンソニー・ヴァカレロの独創的なビジョンとフランチェスカ・ベレッティーニ(2013年9月に社長兼CEOに就任)の陣頭指揮のもと、サンローランは発展を遂げるための強固な基盤を確立しました。サンローランは今後の目標として、従来通りの製品カテゴリーと販売ルートの成長を約束すると同時に、業界トップクラスのリテール体験と顧客体験、アイコニックなコレクションと革新性を追求する独自の魅力の実現を掲げています。


このビジネス戦略を確実に遂行することで、21世紀の最も魅力的なブランドとしての地位を確固たるものにします。クチュールとファッションにおける独自の歴史によって培われた明確かつパワフルなDNAを後世に伝え、さらなる高みを目指し続けます。