ケリング・グループ
2016年5月10日

ケリングとカンヌ国際映画祭が、2016 年’Women in Motion’プログラムのオープニングトーク にジョディ・フォスターを抜擢

第 69 回カンヌ国際映画祭の期間中、ケリングと同映画祭は第 2 回’Women in Motion’トークを開催。 映画界で活躍する女性を増やすことを目標とした、映画における女性の役割をテーマとするオープン形 式によるディスカッションです。

 

トークは‘Women in Motion’プログラムの目玉の一つとして、2016 年 5 月 12 日(木)をかわぎりにスタートしま す。映画ジャーナリストと業界関係者を招待し、連日カンヌのマジェスティック・ホテルを会場に開催されます。

 

2016 年 5 月 12 日(木)午前 11 時に行われる‘Women in Motion’オープニングトークを担うのは、女優、映画 監督、そしてプロデューサーの肩書きをもち、長年にわたる充実したキャリアが世界でも認められているジョデ ィ・フォスター。フォスターは少女の頃から映画界で注目され、わずか 12 歳でマーティン・スコセッシの『タクシー ドライバー』に出演して高い評価を得ます。この作品は 1976 年のカンヌ映画祭でパルムドールを受賞していま す。以来フォスターは、ジョナサン・カプランの『告発の行方』、ジョナサン・デミの『羊たちの沈黙』などをはじめと した作品で成功を収めています。この 2 作品ではいずれもフォスター自身と監督がオスカーを受賞しました。 2011 年、フォスターは自分自身の監督作品、『それでも、愛してる』をカンヌ映画祭で披露しました。

 

第 69 回カンヌ映画祭では、ジュリア・ロバーツとジョージ・クルーニー主演の最新作、『マネーモンスター』を披 露する予定です。

 

『バラエティ』誌主催の、英語で行われる 2016 年‘Women in Motion’トークに参加するのは次の顔ぶれです。

 

 

- We Do It Together チーム(WDIT:女性のエンパワーメントを専門に取り上げる映画、ドキュメンタリー、テレビ 等のメディアに出資しプロデュースする制作会社)

  • ジュリエット・ビノシュ(女優、WDIT 諮問委員会メンバー)
  • マリアンヌ・スロット(『Elles』のプロデューサー、Cinema du monde前委員長、WDIT諮問委員会メン バー)
  • パトリシア・リゲン(『天国からの奇跡』の監督、WDIT 諮問委員会メンバー)
  • キアラ・ティレシ(監督、WDIT 創立者)

 

- Geena Davis Institute on Gender in Media(メディアにおけるジェンダー研究所)、ジーナ・デイヴィス(同創 立者)、マデリン・ディ・ノンノ(同 CEO)

  • スーザン・サランドン(女優)
  • サルマ・ハエック・ピノー(女優、プロデューサー、監督)
  • リザ・アズエロス(監督、プロデューサー、脚本家)
  • スー=メイ・トンプソン(香港女性基金会長)
  • ザイナブ・サルビ(Women for Women 会長、Nida’a’ショーの創立者・司会者)
  • クロエ・セヴィニー(女優、元モデル、デザイナー、監督)
  • ケリ・パットナム(Sundance Institute 事務局長)
  • セリーヌ・ラトレー(プロデューサー)
  • レナ・ロンソン(UTA Independent Film Group 代表)
  • フランシーヌ・ラヴェニー(European Women’s Audiovisual Network(EWA)広報・報道部長)

 

2016 年’Women in Motion’トークの詳しいプログラムは近日中に発表予定。

各トークに参加される方は出席確認をお忘れなく――座席数には限りがあり、参加できるのは招待された方の みです。

 

公式ハッシュタグでフォロー

#WomenInMotion #Cannes 2016

 

詳細:

‘Women in Motion’公式サイト

第 1 回の公式動画

 

‘Women in Motion’について

‘Women in Motion’プログラムは、映画産業のスクリーン上と制作者側の両方における女性の地位をめぐっ て議論、省察を促すことを目的としています。ケリングとカンヌ映画祭のパートナーシップの一環として 2015 年 5 月に発足した‘Women in Motion’は、現在カンヌ映画祭の公式プログラムに欠かせないものになっています。 プログラムは大きく二つの部分からなります。トークは、一人または複数人のゲストが参加して映画祭期間中に 行う一連のオープン形式のインタビューで、映画産業における女性の様々な問題について検討し、意見を交換 するプラットフォームを提供します。‘Women in Motion’アワードは、カンヌ映画祭の「プレジデンシャル・ディナ ー」の席で、毎年、象徴的な活躍を見せた人物と、前途有望な才能をもつ人物に授与されます。

 

About Kering ケリングについて​​​​​​​

アパレルとアクセサリーのカテゴリーに特化したグローバルリーダーであるケリングは、選び抜かれたラグジュ アリーブランドとスポーツ&ライフスタイルブランドを展開しています:グッチ、ボッテガ・ヴェネタ、サンローラン、 アレキサンダー・マックイーン、バレンシアガ、ブリオーニ、クリストファー・ケイン、McQ、ステラ・マッカートニー、 トーマス・マイヤー、ブシュロン、ドド、ジラール・ペルゴ、ジャンリシャール、ポメラート、キーリン、ユリス・ナルダ ン、プーマ、ボルコム、コブラ。 シグネチャーである«empowering imaginationイマジネーションをその先へ »のとおり、ケリングは想像力を伸 ばしていくことによって、ブランドが最もサステイナブルな方法でポテンシャルを実現するよう後押ししています。 120以上の国でビジネスを展開して2015年には115億ユーロ以上の収入を達成し、グループ社員の数は年度末 時点で38,000人に上ります。ケリング(旧社名PPR)はユーロネクスト・パリに上場しています(FR 0000121485, KER.PA, KER.FP)。

 

お問い合わせ先​​​​​​​

Eloi Perrin +33 (0)1 45 64 61 72 eloi.perrin@kering.com

Floriane Geroudet +33 (0)1 45 64 66 00 floriane.geroudet@kering.com

 

日本でのお問い合わせ先

産形 利恵 / 03 3486 2157 / rie.ubukata@kering.com

 

Websites:

www.kering.com

www.womeninmotion.com

 

Social Media

Twitter: @KeringGroup

LinkedIn: Kering

Instagram: @kering_official

YouTube: KeringGroup

 

 

Download the press release (.pdf 397.51 KB)