サステナビリティ

原材料

原材料と、それに関連する生産工程は、ケリングのサプライチェーンと環境フットプリントにおける中心的存在です。そのため、ケリングでは原材料を常に再利用するよう努めています。また、ケリングはサステナブルで100%追跡可能な原材料の調達を行うことを目標としています。

Raw materials

ケリングの各ブランドが手掛ける製品は、卓越したノウハウと高度な技術に裏打ちされたクラフツマンシップの賜物です。独自の素材を用いてデザインされたこれらの製品は、耐久性とサステナビリティを確保する目的から、厳しい品質管理チェックが行われています。ケリングは、天然資源とグループの活動が環境に与える影響との相互関係を十分に認識しており、その認識の下でサプライヤーに焦点を合わせた調達基準を設けています。定期的に更新されるこの基準は、グループと各ブランドが設定した社会的および環境的基準にサプライヤーの業務が準拠しているか確認するための基盤となるものです。ケリングは2025年までに、ケリング・スタンダードに完全に合致したサステナブルな調達と製造を展開することを目指し、イノベーションを活用していきます。

 

 

テクノロジーを活用した素材のトレーサビリティの推進

素材のトレーサビリティは、サプライチェーンの複雑さが際立つファッション業界にとって大きな課題の一つです。ケリングは、2025年までに主要な原材料の完全なトレーサビリティを実現することを目指しており、このような観点から、既にいくつもの技術を導入し始めています。


ケリングの環境フットプリントを削減するもう一つの手段として挙げられるのが、環境への影響が従来のコットンに比べて80%も少ないオーガニックコットンです。ケリングは、Albini Group、Supima、Oritainの各社と協力して、100%追跡可能なオーガニックコットンを開発しました。トレーサビリティを実現した重要なポイントは、実物の繊維から自然発生する化学的特性を法科学と統計解析を用いて分析し、綿花が栽培された畑と結びつけた固有の化学的フィンガープリントを作成した点にあります。

ブロックチェーンも、将来有望な可能性を示しているソリューションです。ウォッチのマニュファクチュール、ユリス・ナルダンをはじめ、いくつかのブランドはトレーサビリティを保証するための取り組みにブロックチェーンを取り入れ始めています。


また、2017年からパートナーとなったFashion for Goodと緊密に連携し、ビスコース繊維のトレーサビリティを向上させるべく、ブロックチェーンを用いたパイロット・プロジェクトを支援しています。

新素材の開発

ケリングはスタートアップ企業や研究所とのパートナーシップを活用し、新しい調達ソリューションや、バイオ技術などを用いた革新的な原材料の開発に取り組んでいます。また、リサイクル繊維を使って新しい生地を作るなど、循環型経済の原則に沿ったソリューションも模索しています。 


2013年、ケリングはサステナブルな素材や生地の調達に特化したマテリアル・イノベーション・ラボ(MIL)を設立しました。ラボは開発を重ね、ケリングの各ブランドは3,800種類以上の生地サンプルを利用できるようになりました。また、腕時計やジュエリーを扱うブランドに向けて、サステナビリティ・イノベーション・ラボ・フォー・ウォッチ・アンド・ジュエリー(SIL)という同様のプラットフォームも設立しました。