サステナビリティ

未来に向けたイノベーション

イノベーションは、ケリングの環境フットプリント削減に向けて設定された目標を達成するためだけでなく、業界全体が直面している課題に対処するための重要な鍵となります。サステナブルなイノベーションを追求するケリングの戦略と研究開発の主要な柱についてまとめました。

innovating for tomorrow

ケリングは、2025年までに環境損益計算(EP&L)を40%削減するという目標を掲げ、すでにゴールまで半分の道のりを進んでいます。しかしながら、この目標を達成するためには現状を打破するようなソリューションの展開が不可欠です。


したがって、ケリングと各ブランドは、より革新的で責任ある手法やプロセスを開発するための新たなパートナーシップを見出すべく、様々なスタートアップ企業と常に対話を続けています。


また、ラグジュアリー業界の変革は、知識を共有することで実現します。そのため、ケリングはオープンソース化により、業界全体で進捗状況を共有しています。

Circularity ambition

Circularity ambition

Transitioning to a truly circular economy requires a complete rethink of the way we produce and use resources as well as the way we extend the life of products.

詳しく見る
原材料

原材料

原材料と、それに関連する生産工程は、ケリングのサプライチェーンと環境フットプリントにおける中心的存在です。そのため、ケリングでは原材料を常に再利用するよう努めています。また、ケリングはサステナブルで100%追跡可能な原材料の調達を行うことを目標としています。

詳しく見る
イノベーション・ラボ

イノベーション・ラボ

ケリングはイノベーションと知識の共有を通じて、また環境フットプリントを削減する取り組みの中で、サステナブルな手法を広く浸透させるための画期的なソリューションとプロセスを取り入れています。

詳しく見る
製造工程

製造工程

製造工程の改善と最適化は、社会面および環境面に関するケリングの取り組みの原動力となっています。ケリングは、金属を使わずに皮をなめす方法など新技術の開発や、環境再生型農業などの新しい手法の推進を通じて、サステナブルな成長を維持する力を確立しています。

詳しく見る
新しいビジネスモデル

新しいビジネスモデル

変化は成長のチャンスです。ケリングは長期的な発展を見据え、デジタル化、人工知能(AI)、ソーシャル・イノベーションを中心に、従来のラグジュアリー業界のビジネスモデルを変革するための破壊的イノベーションに着実に取り組んでいます。

詳しく見る
アップサイクル、リサイクル、再生

アップサイクル、リサイクル、再生

アップサイクル、リサイクル、再生はファッションおよびラグジュアリー業界を根底から変える重要な推進力となります。ケリングと各ブランドは協働とイノベーションを駆使しながら、新しく、よりサステナブルなソリューションの開発に日々取り組んでいます。

詳しく見る