ブランド

ブランド・ヒストリー

Alexander McQueen histoire

アレキサンダー・マックイーンは、その豊かな創造性を反映した、妥協を許さない自由で革新的なスタイルにより、独自の地位を確立しています。 

 

1992年にリー・アレキサンダー・マックイーンによって創立され、2001年にケリング・グループの傘下に入りました。2000年よりウィメンズウエア部門のヘッドデザイナーとして活躍したサラ・バートンが、2010年にクリエイティブ・ディレクターに就任。彼女のリーダーシップのもと、同ブランドは長きにわたり培われてきたクラフツマンシップを継承しながら新たな挑戦にも果敢に臨み、独創的な世界観によって数々の類い稀なコレクションを発表してきました。

 

今日、アレキサンダー・マックイーンは現代の英国ファッションの代名詞であるといっても過言ではないでしょう。

 

自然への愛と英国の歴史に関する深い知識が大きなインスピレーション源になっています。サラ・バートンは自然界を探求し、英国の地方に受け継がれる伝統的な価値観、地域のつながり、手作業によるぬくもりを称えるコレクションを通じて、ファッションの限界に挑み続けています。

 

アレキサンダー・マックイーンのカルチャーを語るにあたって、フェミニンとマスキュリン、繊細さと強さ、ロマンスと反骨心、人間と機械などといった対照的な要素は欠かせません。