ブランド

私たちの取り組み

バレンシアガは人種差別を許容せず、職場の包摂性を高めるべく絶え間ない努力を続けています。

人種差別に終止符を打つ闘いの中で、2021年、バレンシアガは企業の発展におけるダイバーシティ、公平性、インクルージョンの重要性、そして、この大儀に関与することがメゾンにとって必要である理由について扱った、啓発セッションを開催しました。ジャーナリストのAïda Touihri氏による動画には、このテーマの専門家5人へのインタビューが含まれています。

 

この啓発セッションを土台として、対話がカギであると確信するバレンシアガは、この1年間、従業員にこのテーマに特化した集団的な教育を提供しました。バレンシアガでは、マネージャー向けにインクルージョン&ダイバーシティの会話が開始され、無意識の偏見と闘うためのeラーニングがロールアウトされました。この修了率はマネージャーが100%、全体で80%に上ります。  

 

この 1 年間、バレンシアガは多様性と公平性に優れた職場を作るというミッションを継続的に推進し、その活動を広げてきました。

 

この取り組みは、以下のような形で進められています。

 

米国有色人種地位向上協会 (NAACP) や、the Black Alumni of PrattOutRight Action InternationalCaritasOxfam など、社会的正義や多様性を擁護する団体への長期的な寄付や協力のために継続的に取り組んでいます。

社内における企業文化の形成を促進するために、すべてのマネージャーが効果的で多様性のあるチームを構築および育成できるように支援するなど、採用活動を基礎から整えています。

多様な経歴やさまざまな採用情報源を対象として、よりインクルーシブな姿勢で求人情報を提示し、幅広い機会を提供します。

Share Africa のような各地域の組織と提携し、デザインにおける多様性を促進するとともに、次世代のデザイナーを支援します。