サステナビリティ

実践する

環境再生型農業はその土地に根差し、また環境に合わせてカスタマイズされたシステムレベルのアプローチが必要とされますが、ほとんどの環境再生型システムには、相互に密接に関連する実践が含まれています。これらの実践の例として、輪作や被覆作物の植え付け、作物残渣の保留、低耕起または不耕起栽培のアプローチ、合成化学物質の排除、天然肥料の使用、高度に管理された放牧または耕作と放牧を統合したシステムの導入などがあります。環境再生型農業は、素材となる収穫物の収量や品質だけでなく、土壌や生態系の健全性の観点からも望ましい結果をもたらす取り組みに重点を置いています。

 

「自然再生基金」の支援を受けるプロジェクトでは、農場での具体的かつ測定可能な成果につながる環境再生型農業を実践的に取り入れます。さらに、生物多様性や動物福祉に対するケリングの先駆的なアプローチに基づき、必要に応じて「野生動物に優しい」実践を取り入れながらプロジェクトを実施し、高い水準の動物福祉を確保することにも力を入れていきます。


以下に、優先度の高い素材の環境再生型生産システムに貢献する農法について、いくつかの種類を例示的に挙げます。(すべてを網羅しているわけではありません)。

 

コットン

実践例

 

•    被覆作物の利用、低耕起または不耕起栽培、堆肥化、輪作や間作によって土壌の健全性を改善し、土壌中の炭素、保水能力、土壌有機物を目に見える形で向上させる。
•    合成殺虫剤、合成肥料、遺伝子組み換え種子の使用を禁止し、オーガニック認証を受けた綿花を確実に使用する。
•    価格の上乗せなど、農家の生活を支援するためのサステナブルで革新的な価格設定メカニズムを導入する。
 

 

綿花 - 実践する
 
レザー、ウール、カシミア

実践例

 

•    放牧または牧草地管理計画で概説されている輪番制の放牧管理を通じて、土壌の健全性を改善すると共に地上/地下のバイオマスを増加。被覆植物を確保する(裸地をなくす)ことで、土壌の保水力や炭素吸収力を高め、また土壌の流出を抑制します。
•    休耕、生垣、野生生物の生息地をつなぐ緑の回廊といった取り組みの実践を通じて、飼養地の内外の生物多様性をサポート。
•    価格の上乗せなど、飼養従事者の生活を支援するためのサステナブルで革新的な価格設定メカニズムを導入。
•    動物福祉における「5つの自由」の全面実施。
 

男性と動物たち - 実践する