ケリング・グループ

Tidjane Thiam

取締役

Tidjane Thiam
略歴

 

ティージャン・ティアムは、2015年から2020年2月まで、クレディ・スイス・グループAGの最高経営責任者を務めました。


民間・公共部門の両方で組織を率い、ビジネスと経済を活性化するプロジェクトやプログラムに多数従事してきました。


クレディ・スイスでは、3年間にわたる組織再編プログラムを組み、2018年および2019年にはユーロマネー誌が主催するアワード・フォー・エクセレンスの最優秀バンカー賞を受賞し、クレディ・スイスは2019年、2010年以来の最高益を達成しました。


2009年から2015年まで、プルデンシャルのグループ・チーフ・エグゼクティブを務め、時価総額を600億米ドル強に伸ばしました。また、2012年から2014年まではイギリス保険協会の取締役会長に選出。2002年から2007年までは、英保険会社のアビバに在籍し、アビバ・ヨーロッパのCEOやエグゼクティブ・ディレクターなど経営幹部としての要職を歴任。


マッキンゼー・アンド・カンパニーで10年間パートナーとしてキャリアを積んだ後、1994年から1999年まで、祖国コートジボワール共和国に戻り、国立技術研究開発公社CEO、世界銀行/IMFのコートジボワール代表や、大臣を務めました。同氏が自国で手掛けた民営化やインフラ開発のプログラムは、新興国市場で最も大規模かつ成功を収めた事例の一つとなっています。また、1997年にはダボス会議の世界経済フォーラム(WEF)にて「次世代のグローバル・リーダー」に選ばれ、1999年にはWEFの「ドリーム・キャビネット」の一員に加わりました。


2014年以来、グループ・オブ・サーティー(G30)のメンバーを務めています。


2020年11月には、ルワンダを国際金融センターとして推進する役割を担うルワンダ・ファイナンスの理事長に就任し、2019年からはカウンシル・フォー・インクルーシブ・キャピタリズム(包摂的な資本主義のための協議会)のメンバーとして、ガーディアン(ローマ法王へ助言を行う協議会メンバー)を務めています。


2019年には国際オリンピック委員会(IOC)の委員に就任し、翌年IOCファイナンスコミッションに加わりました。


また、キャメロン元英国首相が議長を務めるカウンシル・オン・ステート・フラジリティ(国家の脆弱性に関する協議会)のメンバーを務めます。
2014年から2019年まで、21世紀フォックスの取締役会にも名を連ねました。


2010年にタイム誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれ、翌2011年、フランスのレジオンドヌール勲章のシュヴァリエを受章。


エコール・ポリテクニークとパリ国立高等鉱業学校を卒業後、INSEADでMBAを取得。


2020年6月よりケリングの取締役を務め、2023年12月31日に行われる財務諸表に対する承認を求める年次総会の終結をもって任期終了となります。