サステナビリティ

サプライチェーンにおける人権

ケリングの事業活動は、人権の尊重と保護の上に成り立っています。積極的に関わり、責任を果たす企業市民として、ケリングはグループと各ブランドのすべての従業員、そしてサプライチェーン全体で働く人々と全力で真摯に向き合います。

ケリングは創業以来、社会および環境に対する責任を事業と組織の中心に据えてきました。1996年には初の倫理憲章を制定し、誠実性を重んじる力強い企業文化を確立しました。


現在、世界中で38,000人以上の従業員を擁するケリングは、人権と基本的自由に関する主要な国際基準を遵守しています。また、ケリングはサステナブルで責任ある事業活動を推進するため、以下の基準を採用しています:

絞り込み検索
トピックスで探す
ドキュメント
2021
ダウンロード

ファイルを1つ以上選択してください

倫理規定およびサプライヤーの行動規範


2005年に初版が発表された倫理規定は、ケリングの倫理的な原則と、従業員およびパートナーに対して求める事柄を示しています。また、環境や社会全体に対するケリングのコミットメントについても定めています。

 

倫理規定に関する詳細はこちら

 

 

モデルのための雇用関係およびウェルビーイングに関する憲章

2017年9月に発表されたこの憲章は、誠実な姿勢、責任、人権尊重の高い基準を反映しており、ケリングの全ブランドに適用されます。

 

ケリング・スタンダード


ケリングは、2025年に向けたサステナビリティ戦略の一環として、同年までにサプライヤーによる原材料および製造プロセスに関するケリング・スタンダードの完全遵守を実現するよう全力を尽くしています。