プレスルーム

人材

ケリングは、ラグジュアリー業界において選ばれる企業を目指しています。多様性と男女平等を推進すると同時に、ワーク・ライフ・バランスとメンタリングを重視した若手社員の育成に注力しています。

女性のために

 

ケリングの全社員にとって、多様性に満ちた環境が日常でもあります。私たちは、多様な人材が創造力とイノベーションの原点であり、経済的業績成長の原動力であると考えています。

 

グループの人材理念は、機会均等の促進をはじめとする多様性のあらゆる側面を重視しており、以下の3つを優先課題としています。 

 

  • グループ全体に平等と包括の文化を浸透させる 
  • 女性の才能とスキル発展を支援する
  • 健全なワーク・ライフ・バランスを推進する

2015年に設立された「ウーマン・イン・モーション」プログラムを通じて、ケリングは映画界に貢献する女性の支援に取り組んできました。この取り組みは、映画界に蔓延する男女差別を浮き彫りにし、性別の固定観念の打破に挑戦する女性たちの功績を称えることを目的としています。

 

さらに、フランソワ=アンリ・ピノーによって2008年に創設されたケリング・ファウンデーションでは、女性に対する暴力の根絶を目的として女性支援に取り組んでいます。 

ケリングのペアレンタル・ポリシー

 

家族に新しいメンバーを迎え入れるのは大きな喜びであると同時に、新たな労力を要することでもあります。ケリングは、全社員が新しい家族を迎えるにあたり、準備に必要な時間を十分に確保できる環境を整えることに尽力しています。2020年1月1日より、すでに先駆的な取り組みとして認められていたグローバル・ペアレンタル・ポリシーがさらに強化される事となりました。世界中のグループ全社員は、例外なく、個人的な状況に関わらず、出産または養子縁組成立時から、共通の規定である14週間の「ベビー・ケア休暇」を取得することができ、 100%の賃金が保障されます。新しく大きなステップとなる取り組みでは、職場における機会均等やジェンダーの平等を保障し、全父母にとってのより良い ワーク・ライフ・バランスを推進します。

 

プレスキットをダウンロード

若手人材の育成

 

ケリングは、若手人材はあらゆる成長と成功の機会を与えられるべきであると考えています。前途有望な若き才能を見つけ出し、その能力を最大限引き出すために、ケリングはロンドン・カレッジ・オブ・ファッション、HEC パリ、中国の清華大学、ニューヨークのパーソンズ美術大学をはじめとする名門学術機関と、ファッション、デザイン、マネジメントの分野でパートナーシップを構築しています。 

2018年度 ケリングx HEC ラグジュアリー・サーティフィケート/ 第1章:ラエネックへよう

2018年度 ケリング x HEC ラグジュアリー・サーティフィケートには、21ヶ国からHEC パリの学生40名を迎えました。6週間にわたるこのプログラムでは、ラグジュアリー業界に対する理解を深め、実践を通してケリングの企業シグネチャーである「エンパワリング・イマジネーション」について学びます。

2018年度 ケリングx HEC ラグジュアリー・サーティフィケート / 第2章:リテール体験

HEC パリの学生40名が、ケリング x HEC ラグジュアリー・サーティフィケートのリテール体験プログラムに参加しました。世界で最も有名なラグジュアリー・ブティックでの働き方を肌で感じることができました。

2018年度 ケリングx HEC ラグジュアリー・サーティフィケート / 第3章:ケリングでの若手人材の育成

ケリング x HEC ラグジュアリー・サーティフィケートの学生40名がケース・スタディや経理、デジタル、サステナビリティ、人事、コミュニケーション、リテール、ラグジュアリーの専門家たちとの交流を通じて、ラグジュアリー・ブランドのマネージメントに関するケリングの考えを学びました。

人事ニュース