ケリング・グループ

Jean-François Palus

ケリング副CEO

Jean-François Palus
略歴

 

ジャン=フランソワ・パルーは、アーサー・アンダーセンのオーディター兼ファイナンシャル・アドバイザーとしてキャリアをスタートさせました。1991年にピノー・グループ(その後PPR、さらにケリングに改名)に入社。木材部門の副CFOを務め、2年後にCFOに就任。その後、フナックとコンフォラマで管理職を歴任。

 

ケリングの合併と買収を主導した後、2005年にグループCFO、2008年に副CEOに就任。グループ戦略の策定、実行管理、グループ経営が最大限効率化されるよう貢献しています。 
2009年よりケリングの取締役を務めています。 

 

フランス出身。HEC経営大学院卒業。